舞台挨拶は騒然…浅野忠信が「近親相姦被害者」の訴えに謝罪

公開日:  更新日:

 15日、浅野忠信(40)、二階堂ふみ(19)、熊切和嘉監督(39)が映画「私の男」の舞台挨拶に登場。親子の禁断の愛を表現した同作品は、第36回モスクワ国際映画祭コンペティション部門で、日本では15年ぶりの「最優秀作品賞」、31年ぶりの「最優秀男優賞」(浅野)を受賞した。

 和やかなムードで進行していたイベントの空気は、ある女性客からの質問で一変した。

「私は“近親(相)姦被害者”です。長年苦しんでいる女性もいる中で、社会問題としてあまり表には出ていません。こういうことが美しいものとして描かれてあまりにも美化されてしまうというのに危険を感じます。それについてはどうお考えですか。私は50代なので、勇気を持って言ってみました」と訴えたのだ。

 これに対し、熊切監督は、「難しいことを描いていて、そういうことを言われるのも当然だと思って描きました。うまく言えないけど、そこに愛があったこともありうるってことを描きたかった。美化したつもりはなくて、そこにある厳しさも描いたつもりです」としどろもどろ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  3. 3

    巨額税収減に負け惜しみ連発…小池知事がさらけ出した無能

  4. 4

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  5. 5

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  6. 6

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  7. 7

    世論調査で内閣支持率一斉下落…肝いり政策がそろって不評

  8. 8

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  9. 9

    数字残して当たり前…阪神FA西に浴びせられるドギツい洗礼

  10. 10

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

もっと見る