舞台挨拶は騒然…浅野忠信が「近親相姦被害者」の訴えに謝罪

公開日: 更新日:

 15日、浅野忠信(40)、二階堂ふみ(19)、熊切和嘉監督(39)が映画「私の男」の舞台挨拶に登場。親子の禁断の愛を表現した同作品は、第36回モスクワ国際映画祭コンペティション部門で、日本では15年ぶりの「最優秀作品賞」、31年ぶりの「最優秀男優賞」(浅野)を受賞した。

 和やかなムードで進行していたイベントの空気は、ある女性客からの質問で一変した。

「私は“近親(相)姦被害者”です。長年苦しんでいる女性もいる中で、社会問題としてあまり表には出ていません。こういうことが美しいものとして描かれてあまりにも美化されてしまうというのに危険を感じます。それについてはどうお考えですか。私は50代なので、勇気を持って言ってみました」と訴えたのだ。

 これに対し、熊切監督は、「難しいことを描いていて、そういうことを言われるのも当然だと思って描きました。うまく言えないけど、そこに愛があったこともありうるってことを描きたかった。美化したつもりはなくて、そこにある厳しさも描いたつもりです」としどろもどろ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  2. 2

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  3. 3

    新元号の有力候補やはり「安」が? すでに皇太子に提示か

  4. 4

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  5. 5

    広瀬すず「母性ダダ漏れ」と意欲…朝ドラ“初母親”への心配

  6. 6

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  7. 7

    北海道知事選で“客寄せ” 進次郎議員の露骨な「争点隠し」

  8. 8

    巨人“脆弱な救援陣”で開幕へ…昨季二の舞へ致命的とOB指摘

  9. 9

    V候補の星稜は…センバツ初戦「勝つ高校」と「散る高校」

  10. 10

    テレ朝でニュース番組司会 中居正広“当面残留”の将来設計

もっと見る