舞台挨拶は騒然…浅野忠信が「近親相姦被害者」の訴えに謝罪

公開日:  更新日:

 15日、浅野忠信(40)、二階堂ふみ(19)、熊切和嘉監督(39)が映画「私の男」の舞台挨拶に登場。親子の禁断の愛を表現した同作品は、第36回モスクワ国際映画祭コンペティション部門で、日本では15年ぶりの「最優秀作品賞」、31年ぶりの「最優秀男優賞」(浅野)を受賞した。

 和やかなムードで進行していたイベントの空気は、ある女性客からの質問で一変した。

「私は“近親(相)姦被害者”です。長年苦しんでいる女性もいる中で、社会問題としてあまり表には出ていません。こういうことが美しいものとして描かれてあまりにも美化されてしまうというのに危険を感じます。それについてはどうお考えですか。私は50代なので、勇気を持って言ってみました」と訴えたのだ。

 これに対し、熊切監督は、「難しいことを描いていて、そういうことを言われるのも当然だと思って描きました。うまく言えないけど、そこに愛があったこともありうるってことを描きたかった。美化したつもりはなくて、そこにある厳しさも描いたつもりです」としどろもどろ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  4. 4

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  5. 5

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  6. 6

    2年契約満了で去就は 中日ビシエド水面下で“静かなる銭闘”

  7. 7

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  8. 8

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

もっと見る