日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「擁護の言葉なし」…ASKAを突き放した坂上忍の自戒自制

「擁護する言葉はない」

“毒舌ご意見番”は、この日も冗舌だった。
 坂上忍(46)が21日、「ぐるなびウエディング」の記者発表会に参加。17日に覚醒剤所持容疑で逮捕されたASKAについて、改めて一刀両断した。

「いろいろとコメントを出されている方々がおられるが、僕は正直言って、こういうことをやったらバカ野郎だと思う。先輩だけど擁護する言葉はない」

 さらに、ASKAと坂上の共通点「個人事務所」を例に挙げ、「ASKAさんと僕ではレベルが違うが、どちらも個人事務所。年齢的なこともあって、なかなか周りに意見を言ってもらえなくなる。僕はちょっとでもテングになりそうになったら、スタッフに意見を聞く。カチンとくることはあるが、(周囲の意見が)記憶に残って、家に帰ってから『アイツの言うことは合っているな』と自分を戒めることができる」と持論を展開。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事