• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「擁護の言葉なし」…ASKAを突き放した坂上忍の自戒自制

「擁護する言葉はない」

“毒舌ご意見番”は、この日も冗舌だった。
 坂上忍(46)が21日、「ぐるなびウエディング」の記者発表会に参加。17日に覚醒剤所持容疑で逮捕されたASKAについて、改めて一刀両断した。

「いろいろとコメントを出されている方々がおられるが、僕は正直言って、こういうことをやったらバカ野郎だと思う。先輩だけど擁護する言葉はない」

 さらに、ASKAと坂上の共通点「個人事務所」を例に挙げ、「ASKAさんと僕ではレベルが違うが、どちらも個人事務所。年齢的なこともあって、なかなか周りに意見を言ってもらえなくなる。僕はちょっとでもテングになりそうになったら、スタッフに意見を聞く。カチンとくることはあるが、(周囲の意見が)記憶に残って、家に帰ってから『アイツの言うことは合っているな』と自分を戒めることができる」と持論を展開。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  3. 3

    豪雨初動遅れも反省なし…安倍政権が強弁するウソと言い訳

  4. 4

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  5. 5

    否定会見で墓穴 古屋圭司議員の“裏金”疑惑ますます深まる

  6. 6

    検察は動くか アベトモ古屋議員に裏金疑惑が浮上 

  7. 7

    “苦戦の戦犯”は金本監督 阪神の凡ミス多発は意識の低さ

  8. 8

    助っ人はベンチに 阪神・金本監督はロサリオが嫌いなのか

  9. 9

    9月の過密日程より心配 阪神が抱える“ロサリオ・大山問題”

  10. 10

    河野外相ツイートが炎上 切望した外遊の中身は“観光”同然

もっと見る