元宝塚スター月船さらら アングラ劇で汗だく「四の字固め」

公開日: 更新日:

「宝塚以来かもしれませんね、こんなに舞台で汗をかくのは。だって、プロレスの4の字固めをかけられた後で何事もなかったかのように歌ったり踊ったりしなくちゃいけないんですよ」

 過激な性描写で話題になった天願大介監督の「世界で一番美しい夜」に主演したり、篠山紀信の写真集でヌードを披露した元宝塚のスター女優・月船さらら(39)。今度はアングラ不条理劇に挑戦する。26日から下北沢ザ・スズナリで上演される流山児★事務所公演「どんぶりの底」(演出=流山児祥)がそれ。

 脚本は川端康成文学賞受賞作家・戌井昭人。ゴーリキーの「どん底」をモチーフにしたもので、貧民窟を舞台に底辺の人間模様を描いた不条理劇。「4の字固め」とは、酒場で意気投合した男女がそのままアパートに行って愛を確かめ合うシーンなのだとか。

「私の役は底辺の生活から抜け出そうと別の世界を夢見てる商売女。希望を捨てずに見果てぬ夢を追いかけるエネルギーやパワーは、芝居をやってる仲間や私の生き方とも通じるものがあるかもしれません」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パンデミックが起きても慌てない 今から始める備蓄リスト

  2. 2

    「桜」新疑惑 昭恵夫人私的ビジネス出資者を30人以上招待

  3. 3

    東出の実母が関係修復に尽力 姑の泣き落としに杏の反応は

  4. 4

    中居正広「気持ち尊重」発言の意味…退所の真相はリストラ

  5. 5

    厚労省が政権に忖度か 感染者急増の北海道で“検査妨害”

  6. 6

    長瀬智也退所報道で浮上…ジャニーズが抱える2021年問題

  7. 7

    板野友美“匂わせ”NY一人旅?反射したガラスに男の姿が…

  8. 8

    新型コロナ騒動を口実に泥船から逃げ出す安倍ヨイショ連中

  9. 9

    世界で“コロナ”と指さされる日本人と問題だらけの政府対応

  10. 10

    少なすぎる新型コロナ検査数…安倍政権“陽性隠し”の言い訳

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る