元ピンク女優・田代葉子さんは公募エッセイで“賞荒らし”

公開日: 更新日:

 80年代半ばの土曜深夜、男性視聴者たちに圧倒的な支持を受けたお色気番組があった。日本テレビ系の「TV海賊チャンネル」だ。中でも人気だったピンク女優、田代葉子さんがむき出しのオッパイを揺らしながら「イッテみるく?」とシロート男性に迫った「愛の宅配便!出前!イッテみるく?」コーナーだ。ロリ系キャラで人気だった田代さん、今どうしているのか。

「寒いでしょ。東京と比べると、マイナス7度は確実ですね」

 JR大船渡線気仙沼駅からクルマで4分。12棟並ぶ仮設住宅の自宅を訪ねると、笑顔の田代さんがいた。

「気仙沼に来たのは2年前の3月。都内の設計コンサルタント事務所で大型プラント関連の設計士だった夫が、被災地支援の宮城県期限付き職員に採用されましてね。転居した夫を追っかけ、引っ越して来ました。新宿区内の3LDKマンションから、2DK住宅じゃないですか。洋服や家具はほとんど“断捨離”しちゃいました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

  2. 2

    尾身会長「系列病院」にコロナ患者受け入れ“後ろ向き”疑惑

  3. 3

    無能クズっぷり全国トップの吉村知事が「評価」される怖さ

  4. 4

    危機感なき菅首相に尾身会長“ブチ切れ” 会見でアテこすり

  5. 5

    東京五輪「中止」正式決定へ“秒読み”…デッドラインは2月

  6. 6

    吉岡里帆“貪欲さ”でアンチを味方に 沢尻エリカ逮捕が転機

  7. 7

    ステージ4が無実化…見捨てられた「緊急事態」5つの自治体

  8. 8

    菅首相「2月下旬から開始」ワクチン接種の甘すぎる目論見

  9. 9

    前田敦子の全米進出に勝機 カギを握るは濃厚ベッドシーン

  10. 10

    五輪選手村なぜ活用しない? コロナ感染者2日連続2千人超

もっと見る