元ピンク女優・田代葉子さんは公募エッセイで“賞荒らし”

公開日: 更新日:

 80年代半ばの土曜深夜、男性視聴者たちに圧倒的な支持を受けたお色気番組があった。日本テレビ系の「TV海賊チャンネル」だ。中でも人気だったピンク女優、田代葉子さんがむき出しのオッパイを揺らしながら「イッテみるく?」とシロート男性に迫った「愛の宅配便!出前!イッテみるく?」コーナーだ。ロリ系キャラで人気だった田代さん、今どうしているのか。

「寒いでしょ。東京と比べると、マイナス7度は確実ですね」

 JR大船渡線気仙沼駅からクルマで4分。12棟並ぶ仮設住宅の自宅を訪ねると、笑顔の田代さんがいた。

「気仙沼に来たのは2年前の3月。都内の設計コンサルタント事務所で大型プラント関連の設計士だった夫が、被災地支援の宮城県期限付き職員に採用されましてね。転居した夫を追っかけ、引っ越して来ました。新宿区内の3LDKマンションから、2DK住宅じゃないですか。洋服や家具はほとんど“断捨離”しちゃいました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    神田沙也加は不倫離婚か “格下”ばかりと熱愛する深層心理

  2. 2

    エ軍大谷が2回目の契約更改へ 投手全休で来季年俸いくら?

  3. 3

    安倍政権に国家賠償も…「桜」がジャパンライフ被害を加速

  4. 4

    二宮和也は2021年6月に“海外挙式”へ 気になる場所と招待客

  5. 5

    高畑充希&坂口健太郎“いつ恋婚”のタイミング 強行突破も

  6. 6

    大谷、菅野…更改で気になる高給取り5選手のカネの使い道

  7. 7

    「桜」会見支離滅裂釈明 菅長官辞任なら安倍政権どうなる

  8. 8

    殺し合いで圧倒した側の論理が筋になるのがヤクザの喧嘩

  9. 9

    安倍政権中枢総ぐるみ ジャパンライフ汚染議員30人の名前

  10. 10

    高畑充希「同期のサクラ」視聴率“右肩上がり”に3つの要素

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る