昔から涙腺ゆるく 清原容疑者のすすり泣きは「価値なし」

公開日:  更新日:

 23日に覚醒剤の使用容疑で再逮捕された清原和博容疑者(48)は、警視庁の取り調べに「覚醒剤をやめたいと思ったが、できなかった」と供述。取り調べ中にすすり泣くこともあるというが、この男は昔からよく泣いた。

 ドラフトで相思相愛だと思っていた巨人にフラれては目を赤く腫らし、西武入団2年目にその憎き巨人と日本シリーズで対戦した際には試合中にもかかわらず嗚咽した。象徴的なこの2つの涙は野球ファンの共感を呼んだが、9年後には「憎悪の対象」と言って憚らなかったその巨人に誘われてFA移籍。紆余曲折はあったが、最終的には総額18億円という破格条件を提示されて怨念を水に流した。清原容疑者の涙は「軽い」のが特徴なのだ。

 05年オフに巨人から戦力外通告を受けたときもそうである。都内ホテルの一室で球団の方針を伝えた当時の清武球団代表の自著によれば、清原容疑者は顔を歪めながら「試合に出してください。試合が生き甲斐なんです」と残留を懇願。揚げ句、「ここから飛び降ります」とまで言ったという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  4. 4

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  9. 9

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

  10. 10

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

もっと見る