某ミュージシャンが19時から六本木セクキャバに通う理由

公開日: 更新日:

 ミュージシャンTの話だ。美人の嫁は芸能界でも活躍。仕事も家庭も順調そのものに見えるが、どうにも止められないのが六本木のセクキャバ通いだという。

 この店を仮にKとしよう。Kが普通のセクキャバと違うのはステージから好みの女の子を選んで指名し、席に着いてもらうシャッフルタイムがあること。あとは指名の子が横につき、20分に1回のダウンタイムになるとまたがってもらい、キスもお触りも自由というのは他のセクキャバと同じである。この店にハマったTはオープン直後の19時から頻繁に来店。セクキャバは居酒屋などで酔ったサラリーマンが遅い時間になってからノリと勢いで行くイメージだが、なぜこんな早い時間に来店するのか。元従業員が明かす。

「いくら好みの女の子が選べるといっても、混んでいれば “指名かぶり”が起きる。すぐに席には着いてもらえません。でもオープン直後なら選び放題。Tさんはそれが分かっているのでしょう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  2. 2

    ぺこぱで話題“ノリツッコまない”漫才の元祖はダウンタウン

  3. 3

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  4. 4

    ポスト安倍に西村康稔氏が急浮上 支持率急落で主流派焦り

  5. 5

    京大准教授「ソーシャルディスタンス2m必要なし」の根拠

  6. 6

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  7. 7

    キヤノン御手洗冨士夫CEO 社長時代の栄光と持論は今いずこ

  8. 8

    久光製薬 中冨博隆会長 頼りはやっぱり「サロンパス」

  9. 9

    手越祐也に退所報道 “NEWSセンター”山下智久との明と暗

  10. 10

    朝日・産経は過去に賭け麻雀追及 黒川氏“雀友”3人の責任は

もっと見る