某ミュージシャンが19時から六本木セクキャバに通う理由

公開日:

 ミュージシャンTの話だ。美人の嫁は芸能界でも活躍。仕事も家庭も順調そのものに見えるが、どうにも止められないのが六本木のセクキャバ通いだという。

 この店を仮にKとしよう。Kが普通のセクキャバと違うのはステージから好みの女の子を選んで指名し、席に着いてもらうシャッフルタイムがあること。あとは指名の子が横につき、20分に1回のダウンタイムになるとまたがってもらい、キスもお触りも自由というのは他のセクキャバと同じである。この店にハマったTはオープン直後の19時から頻繁に来店。セクキャバは居酒屋などで酔ったサラリーマンが遅い時間になってからノリと勢いで行くイメージだが、なぜこんな早い時間に来店するのか。元従業員が明かす。

「いくら好みの女の子が選べるといっても、混んでいれば “指名かぶり”が起きる。すぐに席には着いてもらえません。でもオープン直後なら選び放題。Tさんはそれが分かっているのでしょう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  8. 8

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  9. 9

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  10. 10

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

もっと見る