ダンカン
著者のコラム一覧
ダンカンお笑いタレント・俳優・放送作家・脚本家

本名・飯塚実。1959年、埼玉県毛呂山町生まれ。落語家を目指し立川談志に弟子入り。「立川談かん」として活動した後、たけし軍団入り。お笑いタレント、俳優、放送作家、脚本家と多才で、現在はオフィス北野の専務取締役。

フライデー襲撃で逮捕された軍団はピクニック気分でした

公開日: 更新日:

 我々、たけし&たけし軍団12人は後に「フライデー襲撃事件」と呼ばれ、マスコミを大騒動させる暴行行為で、殴り込んだ講談社のお隣にあった大塚警察署から駆けつけた刑事さんたちにより、あえなく御用と相成ったのであった。

 現行犯逮捕である。逮捕という言葉は世間一般的には厳格かつ厳粛、さらには毅然とした法的な力を感じるものだと思うが、我々は(たけしさんは別として)逮捕=「天才バカボン」に登場する目玉のつながった、やたらピストルを発砲する警官、くらいのイメージしか持ち合わせていなかったのだと思う。

 その証拠に、刑事さんの後をゾロゾロと大塚署に向かう最中も、とてもたった今、逮捕された者たちの沈鬱な空気などどこにもなく、むしろ不謹慎極まりないことに深夜のピクニック気分でいたような気がするのだ。

 少年A(19歳)とその同級生でアイドルデュオを組むサード長嶋(なんちゅう芸名や!? と、野球ファンの方、怒らないでね)の2人は署までの途中の自動販売機で缶入りの飲料を買おうとして署員を大慌てさせ、またある者は「手錠かけて刑事さんのコートを頭からスッポリかけてくれないと連行されたくない!!」と凶悪犯扱いを要求し、またある者は洗濯機の中に洗濯物を入れたまま、干さずに出てきてしまったことの方に心配の95%を傾け、肝心な逮捕については誰一人として、正面から向き合っていなかったのである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台風19号で断水 町の自衛隊給水支援に神奈川県が“待った”

  2. 2

    緊急放流の6ダムで事前放流せず 国交省・自治体に重大責任

  3. 3

    大一番でスタメンの福岡堅樹にスコットランドは面食らった

  4. 4

    ラグビーW杯悲願の8強 日本が打ち破った伝統国の“差別”

  5. 5

    ジョセフHCは続投前向きも 日本8強入りで“三つ巴”争奪戦に

  6. 6

    関電疑獄は経産省が隠蔽 18年末に問題把握も目つぶったか

  7. 7

    ドラフト一番人気 星稜・奥川を狙う阪神の“嫌われ方”

  8. 8

    「いだてん」視聴率ワースト更新で大河ドラマ存続の危機

  9. 9

    阪神CS出場も鳥谷は…寂しい終幕に球団と指揮官への不信感

  10. 10

    スコットランドにはショック…稲垣のトライが生まれた背景

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る