ダンカン
著者のコラム一覧
ダンカンお笑いタレント・俳優・放送作家・脚本家

本名・飯塚実。1959年、埼玉県毛呂山町生まれ。落語家を目指し立川談志に弟子入り。「立川談かん」として活動した後、たけし軍団入り。お笑いタレント、俳優、放送作家、脚本家と多才で、現在はTAPの専務取締役。

フライデー襲撃で逮捕された軍団はピクニック気分でした

公開日: 更新日:

 我々、たけし&たけし軍団12人は後に「フライデー襲撃事件」と呼ばれ、マスコミを大騒動させる暴行行為で、殴り込んだ講談社のお隣にあった大塚警察署から駆けつけた刑事さんたちにより、あえなく御用と相成ったのであった。

 現行犯逮捕である。逮捕という言葉は世間一般的には厳格かつ厳粛、さらには毅然とした法的な力を感じるものだと思うが、我々は(たけしさんは別として)逮捕=「天才バカボン」に登場する目玉のつながった、やたらピストルを発砲する警官、くらいのイメージしか持ち合わせていなかったのだと思う。

 その証拠に、刑事さんの後をゾロゾロと大塚署に向かう最中も、とてもたった今、逮捕された者たちの沈鬱な空気などどこにもなく、むしろ不謹慎極まりないことに深夜のピクニック気分でいたような気がするのだ。

 少年A(19歳)とその同級生でアイドルデュオを組むサード長嶋(なんちゅう芸名や!? と、野球ファンの方、怒らないでね)の2人は署までの途中の自動販売機で缶入りの飲料を買おうとして署員を大慌てさせ、またある者は「手錠かけて刑事さんのコートを頭からスッポリかけてくれないと連行されたくない!!」と凶悪犯扱いを要求し、またある者は洗濯機の中に洗濯物を入れたまま、干さずに出てきてしまったことの方に心配の95%を傾け、肝心な逮捕については誰一人として、正面から向き合っていなかったのである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    京大教授藤井聡氏 大阪都構想は維新への信任投票ではない

  2. 2

    土屋太鳳がまた…桜田通との抱擁撮でさらに女性を敵に回す

  3. 3

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  4. 4

    菅政権が「年末年始17連休」正月休み拡大をブチ上げた狙い

  5. 5

    いしだ壱成さんが語る「生活保護不正受給疑惑」報道の真相

  6. 6

    タモリが「国民的スター」になる前の話 生き証人に聞いた

  7. 7

    IOCが中止を通知か 東京五輪「断念&2032年再招致」の仰天

  8. 8

    竹内涼真“恋愛醜聞”で好感度ガタ落ち…ネットに罵詈雑言が

  9. 9

    焦るトランプ…フロリダ州で負ければ米大統領選はアウト

  10. 10

    岡村隆史は自称“風俗オタク”…結婚生活はうまくいくのか

もっと見る