本橋信宏
著者のコラム一覧
本橋信宏作家

1956年、埼玉県所沢市生まれ。早稲田大学政治経済学部卒。私小説的手法による庶民史をライフワークとしている。バブル焼け跡派と自称。執筆はノンフィクション・小説・エッセー・評論まで幅広い。“東京の異界シリーズ”第5弾「高田馬場アンダーグラウンド」(駒草出版)発売中。「全裸監督 村西とおる伝」(太田出版)が、山田孝之主演でNetflixから世界190カ国同時配信決定。

ライバル誌「フォーカス」編集長の丸一日を逆“スクープ”

公開日: 更新日:

 1981年秋に新潮社から創刊された写真週刊誌「フォーカス」は、当初、著名写真家の芸術的な写真を売りにしてきたが、部数が伸び悩み休刊の噂が流れた。

 ところが田中角栄元総理のロッキード事件法廷の隠し撮りや中川一郎農林大臣の立ちションといった、政治家の隠された人間くさい一面が誌面に躍ると、急激に部数を伸ばしていった。

 フォーカスが100万部に迫る勢いだった1982年秋、ビニ本・裏本で大儲けした村西とおるは、新英出版というまともな出版社を立ち上げ、フォーカスの二番煎じを創刊しようとした。

 取材で知り合った私は背中を押されて編集長におさまってしまった。弱冠26歳、早すぎる編集長である。

 1983年2月25日、私たちの急造編集部がつくった写真隔週誌「スクランブル」が創刊された。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パンデミックが起きても慌てない 今から始める備蓄リスト

  2. 2

    また職員が感染 加藤厚労相は危機管理能力ゼロのポンコツ

  3. 3

    新型ウイルス対策 「東京は封鎖できるか」内閣官房に聞く

  4. 4

    「再感染」が続出 新型コロナは変異、劇症化しているのか

  5. 5

    住宅ローン完済で悠々自適の第二の人生が始まるはずが…

  6. 6

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

  7. 7

    田中みな実は燃え尽き?ジャニーズ事務所も恐れる次の一手

  8. 8

    小学生も新型コロナ感染で…結婚式や卒業式はどうなる?

  9. 9

    サラリーマンにピッタリ 入門用ベンツAクラスにセダン登場

  10. 10

    行方不明の愛犬と3年後…1500㎞離れた場所で奇跡的な再会

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る