21年経ち再犯…槇原敬之また覚醒剤逮捕に警視庁の“執念”

公開日: 更新日:

 ファンは悲鳴を上げている。

 歌手の槇原敬之(本名・範之)容疑者(50=東京都渋谷区)が13日午後、覚醒剤取締法違反などの疑いで警視庁組織犯罪対策5課に逮捕されたが、逮捕の裏には組対5課の“執念”があったようだ。

 逮捕容疑は2018年4月、当時住んでいた東京都港区のマンションで覚醒剤0.083グラムを所持した疑い。同年3月に同じマンションで危険ドラッグの「ラッシュ」を所持したとして、医薬品医療機器法違反容疑でも捕まっているが、認否は明らかになっていない。

「なぜそんな古い話が?という疑問が浮かびますが、同年3月には槇原容疑者のパートナーとして知られたA氏が覚醒剤取締法違反で逮捕されました。今回の逮捕劇にA氏が何らかの形で関与していたしても不思議ではありません」(捜査事情通)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パンデミックが起きても慌てない 今から始める備蓄リスト

  2. 2

    再雇用中の64歳 大病などがなかったのに退職金が漸減した

  3. 3

    青木理氏「無知」と「無恥」に蝕まれる憲政史上最愚の政権

  4. 4

    住宅ローン完済で悠々自適の第二の人生が始まるはずが…

  5. 5

    中居正広「気持ち尊重」発言の意味…退所の真相はリストラ

  6. 6

    丸投げの安倍政権 新型コロナ基本方針は“国は何もしない”

  7. 7

    中居正広を支える華麗なる人脈 “ぼっち独立”も明るい未来

  8. 8

    新型ウイルス対策 「東京は封鎖できるか」内閣官房に聞く

  9. 9

    作家・中村文則氏 国民の命にまで…安倍政権はもう限界だ

  10. 10

    小学生も新型コロナ感染で…結婚式や卒業式はどうなる?

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る