ピエール瀧から沢尻エリカまで 薬物に甘い芸能界を裏付け

公開日: 更新日:

 3月にピエール瀧がコカイン摂取による麻薬取締法違反で逮捕されたのに続き、5月にはジャニーズのアイドルグループKAT―TUN元メンバー田口淳之介と小嶺麗奈が大麻所持で、11月になると田代まさし容疑者が覚醒剤で4度目、薬物事案では5度目の逮捕となる。同じ月には人気女優の沢尻エリカ被告が自宅マンションで合成麻薬MDMAなどを所持したとし麻薬取締法違反容疑で逮捕。この初公判が来年1月31日、東京地裁で開かれることになり、注目されている。

「NHKで『歌のお兄さん』を務めた沢田憲一被告、トレーダーのKAZMAXこと吉沢和真被告、元五輪選手でプロスノーボーダーの国母和宏被告と、薬物事件は他にもありましたし、また、沢尻被告からの連鎖で今後も逮捕者が出るのではないかとの見方は今も芸能界にあって目が離せません」(週刊誌記者)

 捜査当局は東京五輪へ向けて違法薬物取り締まりを強化しているとされ、五輪開催までに大きな動きがあるかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「ドラゴン桜」生徒役で一番の成長株は鈴鹿央士と…誰だ?

  2. 2

    崖っぷち白鵬…進退懸かる7月場所“鬼門”は三役より平幕3人

  3. 3

    「国政進出」にらみお膝元東京10区死守も“最側近”に黄信号

  4. 4

    台湾に激震!アストラゼネカ製ワクチン接種直後に36人死亡

  5. 5

    熊田曜子の疑惑に“不倫大好き”大手メディアが沈黙のナゼ

  6. 6

    厚労省がワクチン“死亡事例”の詳細を公表しなくなったナゼ

  7. 7

    小池知事「過度の疲労」でダウンの波紋…都ファは右往左往

  8. 8

    豪でクラスターが!カメラが捉えたインド株“すれ違い感染”

  9. 9

    ファイザー供給減に自治体大混乱 接種加速から急ブレーキ

  10. 10

    ファイザー製&モデルナ製のワクチン効果は1年続くのか?

もっと見る