ピエール瀧から沢尻エリカまで 薬物に甘い芸能界を裏付け

公開日: 更新日:

 3月にピエール瀧がコカイン摂取による麻薬取締法違反で逮捕されたのに続き、5月にはジャニーズのアイドルグループKAT―TUN元メンバー田口淳之介と小嶺麗奈が大麻所持で、11月になると田代まさし容疑者が覚醒剤で4度目、薬物事案では5度目の逮捕となる。同じ月には人気女優の沢尻エリカ被告が自宅マンションで合成麻薬MDMAなどを所持したとし麻薬取締法違反容疑で逮捕。この初公判が来年1月31日、東京地裁で開かれることになり、注目されている。

「NHKで『歌のお兄さん』を務めた沢田憲一被告、トレーダーのKAZMAXこと吉沢和真被告、元五輪選手でプロスノーボーダーの国母和宏被告と、薬物事件は他にもありましたし、また、沢尻被告からの連鎖で今後も逮捕者が出るのではないかとの見方は今も芸能界にあって目が離せません」(週刊誌記者)

 捜査当局は東京五輪へ向けて違法薬物取り締まりを強化しているとされ、五輪開催までに大きな動きがあるかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パンデミックが起きても慌てない 今から始める備蓄リスト

  2. 2

    再雇用中の64歳 大病などがなかったのに退職金が漸減した

  3. 3

    青木理氏「無知」と「無恥」に蝕まれる憲政史上最愚の政権

  4. 4

    住宅ローン完済で悠々自適の第二の人生が始まるはずが…

  5. 5

    中居正広「気持ち尊重」発言の意味…退所の真相はリストラ

  6. 6

    丸投げの安倍政権 新型コロナ基本方針は“国は何もしない”

  7. 7

    中居正広を支える華麗なる人脈 “ぼっち独立”も明るい未来

  8. 8

    新型ウイルス対策 「東京は封鎖できるか」内閣官房に聞く

  9. 9

    作家・中村文則氏 国民の命にまで…安倍政権はもう限界だ

  10. 10

    小学生も新型コロナ感染で…結婚式や卒業式はどうなる?

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る