ピエール瀧から沢尻エリカまで 薬物に甘い芸能界を裏付け

公開日: 更新日:

 3月にピエール瀧がコカイン摂取による麻薬取締法違反で逮捕されたのに続き、5月にはジャニーズのアイドルグループKAT―TUN元メンバー田口淳之介と小嶺麗奈が大麻所持で、11月になると田代まさし容疑者が覚醒剤で4度目、薬物事案では5度目の逮捕となる。同じ月には人気女優の沢尻エリカ被告が自宅マンションで合成麻薬MDMAなどを所持したとし麻薬取締法違反容疑で逮捕。この初公判が来年1月31日、東京地裁で開かれることになり、注目されている。

「NHKで『歌のお兄さん』を務めた沢田憲一被告、トレーダーのKAZMAXこと吉沢和真被告、元五輪選手でプロスノーボーダーの国母和宏被告と、薬物事件は他にもありましたし、また、沢尻被告からの連鎖で今後も逮捕者が出るのではないかとの見方は今も芸能界にあって目が離せません」(週刊誌記者)

 捜査当局は東京五輪へ向けて違法薬物取り締まりを強化しているとされ、五輪開催までに大きな動きがあるかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「スカーレット」“老け演技”で見せつけた俳優マギーの底力

  2. 2

    危機感が足りない?新型コロナ蔓延でも芸能人は遊びまわる

  3. 3

    ドアノブや貨幣…物質表面でのウイルスの生存期間は?

  4. 4

    緊急経済対策 中小企業向け特別融資「貸し渋り」の実態

  5. 5

    安倍首相「緊急事態宣言」なぜ国民の心に響かなかったのか

  6. 6

    河井前法相が自ら20万円を 現職議員が“実弾”手渡せた理由

  7. 7

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  8. 8

    コロナ患者激白「喉に金串が刺さったような耐え難い痛み」

  9. 9

    理髪店めぐり混乱…小池知事「国と調整中」見切り発車の罪

  10. 10

    安倍政権またもケチケチ「1世帯30万円給付」は8割が対象外

もっと見る