本橋信宏
著者のコラム一覧
本橋信宏作家

1956年、埼玉県所沢市生まれ。早稲田大学政治経済学部卒。私小説的手法による庶民史をライフワークとしている。バブル焼け跡派と自称。執筆はノンフィクション・小説・エッセー・評論まで幅広い。“東京の異界シリーズ”第5弾「高田馬場アンダーグラウンド」(駒草出版)発売中。「全裸監督 村西とおる伝」(太田出版)が、山田孝之主演でNetflixから世界190カ国同時配信決定。

海外ロケはセクハラ、パワハラ、モラハラのオンパレード

公開日: 更新日:

「“うちの社長ってデリカシーがない”って思われたこと、たくさんあるんじゃないですか」

 巨乳マイスター野田義治が苦笑まじりに、海外ロケでの苦労話を開陳する。

 陽光きらめく海外ロケで、渋るタレントたちに対して我らが巨乳マイスター野田義治はどう対応したのか。

「女の子特有のときがありますよね。生理という。“社長、わたし、あの日だからプール入れません”と言ってくるタレントもいるんです。そしたらこっちは、“生理なんて病気じゃないんだから、縄でも突っ込んでおけ”って怒鳴るんですよ。もうセクハラ・パワハラ・モラハラのオンパレード。いまならこうなっちゃう」

 野田は両手をそろえて前に差し出すポーズをしてみせた。

「衣装替えのたびに200メートル離れたところで着替える子がいたんです。その間、カメラマンもスタッフもみんな待たされている。時間がもったいないから、“ここの後ろでやれ、誰も見てないから”って言ったんです。“後ろ向いているから”って。そういうのが、うちの社長ってデリカシーがないと思われたんでしょう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    志村けんさん「芸人運」にかき消された女性運と運命の相手

  2. 2

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

  3. 3

    志村さんが最期まで貫いた不詳の弟子・田代被告への“温情”

  4. 4

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  5. 5

    隠れコロナか 東京都で「インフル・肺炎死」急増の不気味

  6. 6

    志村けんさん 泥酔記者に愛の一喝「話をちゃんと聞け!」

  7. 7

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  8. 8

    コロナ対策に高まる期待 結核予防のBCGワクチンは救世主か

  9. 9

    志村けんさんの“サービス精神”女性に使った金額を尋ねたら

  10. 10

    ビック3とは一線 志村けんさんが貫いたコメディアン人生

もっと見る