「ラストタンゴ・イン・パリ」中年男と美しい妻の禁断の愛

公開日: 更新日:

ラストタンゴ・イン・パリ(1972年 ベルナルド・ベルトルッチ監督)

 男女の特異な性愛を描いた衝撃作。

 パリで安ホテルを営むポール(マーロン・ブランド)はあるアパルトマンの空き部屋で見学者のジャンヌ(マリア・シュナイダー)と出会い、その場で性交する。ジャンヌは熱愛中の恋人がいるがこの部屋でポールと密会し、彼にのめり込んでいく。実はポールは妻を自殺で失ったばかり。妻は中年男と浮気し、彼はそれを黙認してきた。妻の遺体に語りかけたポールは、ジャンヌを社交ダンスのホールに誘うのだった……。

 ポールは45歳、ジャンヌは20歳。オッサンと美女がヤリ部屋で体を交える。テーマは男女のすれ違いだ。ジャンヌは恋人そっちのけでオッサンに好意を抱く。オッサンの肩に担がれて大喜びしたのは父性愛を求めているからだろう。しかしオッサンは深入りを拒絶。ところが、いつしかオッサンのほうがジャンヌに執着して彼女を尻込みさせるのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  2. 2

    巨人が広島エース大瀬良狙い 苦手選手“FA引き抜き”へ照準

  3. 3

    原発汚染水にトリチウム以外の核種…自民原発推進派が指摘

  4. 4

    マリエ覚悟の“枕営業”告発…旧態依然の芸能界に風穴なるか

  5. 5

    小室圭さんは奇特な人 皇族の結婚相手探しは想像より大変

  6. 6

    “株式会社TOKIO社長”城島茂の25歳妻インスタにファン騒然

  7. 7

    三田寛子を苛む成駒屋「好色の血」…今度は長男に二股疑惑

  8. 8

    世界が称賛 松山支えたキャディーはゴルフの腕前もピカ一

  9. 9

    菅首相「大きなうねりではない」頭の中はコロナより外遊

  10. 10

    小室圭さん自己弁護の反論文書は安倍前首相の国会答弁同様

もっと見る