「ヒトラー~最期の12日間~」妄想と怒声…独裁者の末路

公開日: 更新日:

ヒトラー~最期の12日間~(2004年 オリバー・ヒルシュビーゲル監督)

 ヒトラーの自決を描く。ブルーノ・ガンツの演技が凄い。

 1942年、22歳のトラウドゥル(アレクサンドラ・マリア・ララ)はヒトラー(ガンツ)の秘書採用試験に合格。彼女を主要人物のひとりとして物語が進行する。場面は飛んで45年4月。ベルリンはソ連軍の猛攻を受ける。敗戦は確実。ヒトラーは地下壕(ごう)で軍幹部らに戦況を問い詰め、兵力もないのに「反撃しろ」と机上の空論の戦術を命じて怒鳴り散らす。末期的状況の中、ヒトラーは恋人のエバ・ブラウンと結婚し、最期を迎えるのだった……。

 滅びの映画だ。市民は砲撃で吹っ飛び、軍医は負傷者の手足を切断。病院は裸の死体の山。自治団はなおも市民を裏切り者として縛り首にする。ヒトラーの怒声に女性は絶望の涙だ。

 ヨーロッパを蹂躙(じゅうりん)しユダヤ人を虐殺した帝国の末路は悲惨きわまりない。だがヒトラーとゲッベルスは責任を感じるどころか、国民を「自業自得だ。同情しない」と切り捨てる。しかもこの戦争をユダヤ民族との戦いと美化する。どう見ても狂っている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    推定390億円とも…創価学会が太閤園を高く買い取ったワケ

  3. 3

    高級住宅街「成城学園前」が“昭和のお屋敷街”に衰退する日

  4. 4

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  5. 5

    眞子さまは駆け落ち婚も覚悟?あえて危ない橋を渡る生き方

  6. 6

    解決金でも払拭されない?世論が懸念する小室家の嫁姑問題

  7. 7

    NiziUミイヒ出動でも爆発できず J.Y.Parkの手腕に疑問の声

  8. 8

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  9. 9

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  10. 10

    大谷モテモテでメディア大騒ぎ 米国人気質が人気に追い風

もっと見る