「ヒトラー~最期の12日間~」妄想と怒声…独裁者の末路

公開日: 更新日:

ヒトラー~最期の12日間~(2004年 オリバー・ヒルシュビーゲル監督)

 ヒトラーの自決を描く。ブルーノ・ガンツの演技が凄い。

 1942年、22歳のトラウドゥル(アレクサンドラ・マリア・ララ)はヒトラー(ガンツ)の秘書採用試験に合格。彼女を主要人物のひとりとして物語が進行する。場面は飛んで45年4月。ベルリンはソ連軍の猛攻を受ける。敗戦は確実。ヒトラーは地下壕(ごう)で軍幹部らに戦況を問い詰め、兵力もないのに「反撃しろ」と机上の空論の戦術を命じて怒鳴り散らす。末期的状況の中、ヒトラーは恋人のエバ・ブラウンと結婚し、最期を迎えるのだった……。

 滅びの映画だ。市民は砲撃で吹っ飛び、軍医は負傷者の手足を切断。病院は裸の死体の山。自治団はなおも市民を裏切り者として縛り首にする。ヒトラーの怒声に女性は絶望の涙だ。

 ヨーロッパを蹂躙(じゅうりん)しユダヤ人を虐殺した帝国の末路は悲惨きわまりない。だがヒトラーとゲッベルスは責任を感じるどころか、国民を「自業自得だ。同情しない」と切り捨てる。しかもこの戦争をユダヤ民族との戦いと美化する。どう見ても狂っている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    国民は干上がる 瀬戸際、正念場が長期戦になった衝撃<上>

  2. 2

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  3. 3

    悪事を重ねて栄転しよう!嘘は一度つくと止まらなくなるぞ

  4. 4

    阪神の“藤浪コロナ”対応に他球団怒り心頭…開幕さらに窮地

  5. 5

    五輪延期とコロナ禍で泣く…ジャニーズと大御所芸人たち

  6. 6

    Cocomiデビューも炎上 キムタク参画ではじく静香の皮算用

  7. 7

    高齢者には難解…何かと横文字を使いたがる政治家の心理

  8. 8

    節酒に禁煙…志村けんさんが8カ月前に語っていた健康管理

  9. 9

    ドアノブや貨幣…物質表面でのウイルスの生存期間は?

  10. 10

    国民は干上がる 瀬戸際、正念場が長期戦になった衝撃<中>

もっと見る