「ヒトラー~最期の12日間~」妄想と怒声…独裁者の末路

公開日: 更新日:

ヒトラー~最期の12日間~(2004年 オリバー・ヒルシュビーゲル監督)

 ヒトラーの自決を描く。ブルーノ・ガンツの演技が凄い。

 1942年、22歳のトラウドゥル(アレクサンドラ・マリア・ララ)はヒトラー(ガンツ)の秘書採用試験に合格。彼女を主要人物のひとりとして物語が進行する。場面は飛んで45年4月。ベルリンはソ連軍の猛攻を受ける。敗戦は確実。ヒトラーは地下壕(ごう)で軍幹部らに戦況を問い詰め、兵力もないのに「反撃しろ」と机上の空論の戦術を命じて怒鳴り散らす。末期的状況の中、ヒトラーは恋人のエバ・ブラウンと結婚し、最期を迎えるのだった……。

 滅びの映画だ。市民は砲撃で吹っ飛び、軍医は負傷者の手足を切断。病院は裸の死体の山。自治団はなおも市民を裏切り者として縛り首にする。ヒトラーの怒声に女性は絶望の涙だ。

 ヨーロッパを蹂躙(じゅうりん)しユダヤ人を虐殺した帝国の末路は悲惨きわまりない。だがヒトラーとゲッベルスは責任を感じるどころか、国民を「自業自得だ。同情しない」と切り捨てる。しかもこの戦争をユダヤ民族との戦いと美化する。どう見ても狂っている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    小栗旬が米国に再移住を決めた裏に…“大好きな先輩”西島秀俊の些細なひと言

    小栗旬が米国に再移住を決めた裏に…“大好きな先輩”西島秀俊の些細なひと言

  2. 2
    プロ注目左腕の京都国際・森下瑠大 初戦3回4失点KOにニンマリの球団

    プロ注目左腕の京都国際・森下瑠大 初戦3回4失点KOにニンマリの球団

  3. 3
    巨人球団ワースト記録更新の8本目“満塁本塁打病”…ベンチで真っ青なコーチ2人の名前

    巨人球団ワースト記録更新の8本目“満塁本塁打病”…ベンチで真っ青なコーチ2人の名前

  4. 4
    有田芳生氏「統一教会は毎月1億円の『対策費』で『政治の力』に頼った」

    有田芳生氏「統一教会は毎月1億円の『対策費』で『政治の力』に頼った」

  5. 5
    小栗旬が竹内涼真に御立腹…「小栗会」のパシリにご指名か

    小栗旬が竹内涼真に御立腹…「小栗会」のパシリにご指名か

  1. 6
    六平直政さん「オレの髪がフサフサだった頃、唐十郎さんと長男・義丹と伊豆で撮った1枚は…」

    六平直政さん「オレの髪がフサフサだった頃、唐十郎さんと長男・義丹と伊豆で撮った1枚は…」

  2. 7
    山田優は第4子出産でも辻希美「ママタレ女王」の座は奪えない…アンチの存在がネックに

    山田優は第4子出産でも辻希美「ママタレ女王」の座は奪えない…アンチの存在がネックに

  3. 8
    旧統一教会と対峙する弁護士・ジャーナリストが受けた嫌がらせ…無言電話や尾行だけじゃない

    旧統一教会と対峙する弁護士・ジャーナリストが受けた嫌がらせ…無言電話や尾行だけじゃない

  4. 9
    猛暑もぶっ飛ぶ人気の「ホラー映画」ベスト3…堂々トップは邦画の金字塔だった!

    猛暑もぶっ飛ぶ人気の「ホラー映画」ベスト3…堂々トップは邦画の金字塔だった!

  5. 10
    旧統一教会は大打撃…「安倍元首相銃撃事件」以降に被害相談爆増し“正体隠し”通用せず

    旧統一教会は大打撃…「安倍元首相銃撃事件」以降に被害相談爆増し“正体隠し”通用せず