米国版「深夜食堂」ある男の1週間がコミカルでやみつきに

公開日: 更新日:

パターソン(2016年 ジム・ジャームッシュ監督)

 ジム・ジャームッシュはよく分からないけど、この映画はいい。

 ニュージャージー州パターソン市に住むバス運転手のパターソン(アダム・ドライバー)は単調な日々を送っている。毎朝、妻のローラ(ゴルシフテ・ファラハニ)にキスして出勤。夕食後は犬の散歩に出かけ、バーでビールを飲む。趣味は詩作で一冊のノートに書きためている。甘えん坊のローラは芸術志向で家の模様替えに熱中時代だ。

 本作は彼の1週間の話。これといった事件は起きないが、コミカルな味つけのため途中でやめられない。それどころか何度見ても満足。不思議だ。

 自宅、バス、バーの3カ所で物語が進行。パターソンは自作の詩をそらんじながらバスのハンドルを握り、ローラへの愛情を詠(うた)う。路上で見知らぬ少女の詩に耳を傾けることもある。この詩が素晴らしい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  2. 2

    阪神の“藤浪コロナ”対応に他球団怒り心頭…開幕さらに窮地

  3. 3

    志村けん感染ルートは特定困難…キムタク「BG」も厳戒態勢

  4. 4

    国民は干上がる 瀬戸際、正念場が長期戦になった衝撃<上>

  5. 5

    藤浪と同席女性3人も陽性…阪神にコロナ感染者が出た必然

  6. 6

    ICU闘病も…志村けんさんコロナ陽性から1週間で帰らぬ人に

  7. 7

    3.30「緊急事態宣言」発令で描く 国会休会の仰天シナリオ

  8. 8

    外出禁止で爆発寸前…プロ野球選手がぼやく自宅待機の現況

  9. 9

    日米球界コロナ禍 値切られる入札選手と20億円失うマー君

  10. 10

    立川志らくをバッサリ…“毒舌の先輩”たけしの批判に説得力

もっと見る