「ELLE」父親のトラウマを引きずる女 性欲と葛藤する物語

公開日: 更新日:

エル ELLE(2016年 ポール・バーホーベン監督)

 主演のイザベル・ユペールは1953年生まれ。本作の公開時は63歳で、ゴールデングローブ賞主演女優賞に輝いた。レイプの映画でよくぞ頑張った。

 ミシェル(ユペール)は離婚歴のあるゲーム開発会社の社長。邸宅に一人で住み、親友のアンナの夫ロベールと不倫中だ。そのミシェルが自宅で暴漢にレイプされた。彼女は父親が大量殺人犯として服役中ということもあり、警察に届けずからしスプレーで警戒する。ただ、元夫のリシャールとアンナ夫妻にはレイプの事実を打ち明ける。

 息子は気の強い女と同棲し、肌の色の違う子が誕生。ミシェルは向かいの若夫婦をホームパーティーに招き、夫のパトリックに心を引かれる。そんな折、ミシェルがレイプされるゲーム映像が社内のパソコンに一斉送信されるのだった……。

 本作の予告編を見た人は中年女性がレイプされ、嫌がらせを受ける話だと受け取るだろうが、実はかなり趣が違う。ネタバレになるので詳しく書けないが、父親の異常犯罪というトラウマを引きずる孤独な女が性欲と葛藤する物語。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    3.30「緊急事態宣言」発令で描く 国会休会の仰天シナリオ

  2. 2

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  3. 3

    休校期間中のスペイン旅行で娘が感染 呆れた親のモラル

  4. 4

    4月からTBSアナ 野村萬斎の娘を待ち受けるお局軍団の洗礼

  5. 5

    佐藤健「恋つづ」“キュン攻め”LINE人気に見えた新たな鉱脈

  6. 6

    昭恵夫人が“桜を見る会” 花見自粛要請中に私的開催の仰天

  7. 7

    不織布マスクのストックが…正しい「使い回し方」を知る

  8. 8

    可能性のドア解放 氷川きよしは自分の性分をさらけ出す

  9. 9

    小泉今日子が「あいまいな自粛要請」で踏み切った舞台現場

  10. 10

    中小企業を襲う“コロナ倒産ドミノ” 5月GWがタイムリミット

もっと見る