みのもんた「セックスはどうやるんだ」と記者に詰め寄り…

公開日: 更新日:

 みの節は健在だった。

 27日、フジテレビ系「バイキングMORE」の電話取材に応じた、タレントでフリーアナウンサーのみのもんた(76)。昨年暮れに「パーキンソン病」だったことが判明し、今は症状悪化を防ぐため、毎朝2000歩のウォーキングに励んでいるという。

 久々の“番組出演”だったが、さすがは「日本一稼ぐキャスター」と呼ばれた男。番組の最後、MCを務める坂上忍に対し、「よろしく言っといてよ。飲めるうちに飲んどけ。遊べるうちに遊んどけ」などと笑いを誘っていた。

 体調不安を感じさせず、“舌”好調の様子にほっとしたが、日刊ゲンダイ記者はかつて、早口でまくしたてながら鬼の形相で迫るみのの姿を目の当たりにしている。2010年2月、当時みのが鎌倉市鎌倉山に新築した豪邸を撮影させてもらおうと出向いた時だ。

 江の島が望める絶好の立地で、当時の坪単価で「50万円前後」(地元不動産業者)といわれる高級住宅街。昭和の大女優、田中絹代邸の跡地に建てられた豪邸は土地面積だけで約2500坪。茶色い高い壁に囲まれた建物は地上2階、地下1階建て。延べ床面積は約700平方メートルもあった。

「これは事件なのか、えっ!」

 駐車場にはベンツがあり、玄関前にいたみのに「豪邸写真を撮らせてください」と直撃すると、テレビで見せていた笑顔はなく、「迷惑なんだよ。アンタたちが騒ぐと周りの人たちも迷惑だ。二度と来てほしくない」と絶叫。

 さらに続けて「これは事件なのか、えっ! 答えろ。プライバシーはないのか」と怒鳴ったかと思えば突然、後ろに手を組み「お前の履いているズボンは黒か茶色か? セックスはどういう格好でやるんだ。えっ?」と迫ってきたから驚いた。

 今でも住んでいるなら、鎌倉の坂道はリハビリにはもってこいに違いない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  2. 2

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

  3. 3

    囁かれる「菅首相退陣」シナリオ 二階幹事長が見捨てる時

  4. 4

    無能クズっぷり全国トップの吉村知事が「評価」される怖さ

  5. 5

    菅首相「2月下旬から開始」ワクチン接種の甘すぎる目論見

  6. 6

    尾身会長「系列病院」にコロナ患者受け入れ“後ろ向き”疑惑

  7. 7

    森七菜にチラつくステージママの影 囁かれる開店休業危機

  8. 8

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  9. 9

    リバプール南野いよいよ戦力外か…現地メディアも「近い」

  10. 10

    大谷翔平4年目の年俸は? “調停勝ち目なし”とシビアな評価

もっと見る