「成果主義」は名ばかり 人件費抑制に悪用する企業がゾロゾロ

公開日:  更新日:

 日本で1990年代に導入が始まった「成果主義」は2000年代に定着、今では8割以上の企業が導入済みといわれるが、制度はこの5、6年で様変わりした。社員は業績を上げても報われないどころか、会社は社員の昇給を阻む“防波堤”として制度を使っている。

 あるビジネス専門誌の最近の調査では、7割が「成果主義導入は失敗だった」と答えている。失敗の理由を聞くと、目立つのは「評価の妥当性」「目標設定期間が短すぎる」「個人重視でチームワークが悪化」などもっともな声が多い。

 それとは別に、専門家は違う見方をする。人事ジャーナリストの溝上憲文氏がこう言う。

「成果主義を導入する企業のほとんどは、それまでの年功賃金制度で主流だった〈職能給〉から、仕事の中身を重視する〈役割・職務給〉(以下、役割給)にシフトしました。役割に応じて支払われるのですから、社員のやる気を喚起する合理的な制度のように見えた。でも、今や〈役割給〉は、企業が現在も大量に抱えるバブル社員の人件費を抑えるための方便になりかわっているのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    安倍内閣の支持率下落 “首相応援団”の世論調査で3カ月連続

もっと見る