• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「成果主義」は名ばかり 人件費抑制に悪用する企業がゾロゾロ

 日本で1990年代に導入が始まった「成果主義」は2000年代に定着、今では8割以上の企業が導入済みといわれるが、制度はこの5、6年で様変わりした。社員は業績を上げても報われないどころか、会社は社員の昇給を阻む“防波堤”として制度を使っている。

 あるビジネス専門誌の最近の調査では、7割が「成果主義導入は失敗だった」と答えている。失敗の理由を聞くと、目立つのは「評価の妥当性」「目標設定期間が短すぎる」「個人重視でチームワークが悪化」などもっともな声が多い。

 それとは別に、専門家は違う見方をする。人事ジャーナリストの溝上憲文氏がこう言う。

「成果主義を導入する企業のほとんどは、それまでの年功賃金制度で主流だった〈職能給〉から、仕事の中身を重視する〈役割・職務給〉(以下、役割給)にシフトしました。役割に応じて支払われるのですから、社員のやる気を喚起する合理的な制度のように見えた。でも、今や〈役割給〉は、企業が現在も大量に抱えるバブル社員の人件費を抑えるための方便になりかわっているのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森達也氏が危惧 オウム以降の日本社会は「集団化」が加速

  2. 2

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  3. 3

    元大リーガー・マック鈴木さん 酒豪ゆえに付いたアダ名は

  4. 4

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  5. 5

    黄金世代が上位独占も…評論家が女子ツアーの現状憂うワケ

  6. 6

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  7. 7

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  8. 8

    最下位転落はすぐそこ…DeNAラミ監督の続投に2つの条件

  9. 9

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  10. 10

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

もっと見る