全国に480万人…加速する「団地孤立死」の共通項

公開日:  更新日:

 大きな団地では年間数人が孤立死している。子どももなく、伴侶にも先立たれた独居老人は全国に480万人(10年)。これからますます増えていく。

 最近、「全国介護者支援協議会」(全介協)が「孤立死の取り組みに関する調査研究」を取りまとめている。調査対象は練馬区光が丘団地(人口2万8510人)、板橋区高島平団地(1万9634人)、墨田区東白鬚団地(約4500人)だ。

 孤立死はなぜ増えているのか?

「都会の大規模団地は、住民同士のプライバシーがある程度保たれています。それが若い時には心地いいのですが、高齢になると手助けが必要になる。子どもに頼ろうにも、団地は広さの問題から2世帯同居が不可能ですし、都営住宅は子へ賃貸契約の移譲もできない。当然、老人が孤立します。聞き取りした高齢者の中には、〈隣の人を20年で初めて見た〉という人もいました。また、個人情報保護法によって、自治会長でさえ、隣人の年齢や家族構成すら把握できないという事情もあります」(全介協・上原喜光理事長)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権に財界ソッポ 目玉の「原発輸出」日立凍結で全滅

  2. 2

    「今日俺」人気を陰で支えた“カメレオン俳優”太賀の底力

  3. 3

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  4. 4

    嫌われクロちゃんが一転…キャバ嬢に大人気の意外な理由

  5. 5

    嶋大輔が復活!「今日俺」でのリバイバルに本人びっくり

  6. 6

    和田アキ子の大晦日が“空白” NHK紅白サプライズ出演あるか

  7. 7

    北島三郎復帰に“禁じ手” 平成最後のNHK紅白は無法地帯に

  8. 8

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  9. 9

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  10. 10

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

もっと見る