相次ぐ「メニュー偽装」公表 食のプロは「“再犯”の恐れあり」と指摘

公開日:  更新日:

<ドサクサ紛れの公表ラッシュ>

 メニュー偽装問題は底なしだ。全国各地のホテルがドサクサ紛れに公表し、やり過ごそうとしているのはミエミエ。すべてが一緒くたにされ、「小悪党」と「巨悪」の区別がつきにくい。

 例えば、近鉄ホテルシステムズやかんぽの宿塩原では、牛脂注入加工肉を「ステーキ」と表示していた。あまりの偽装メニューの多さに、「この程度なら」という気もしてくるが、消費者問題研究所代表の垣田達哉氏は「これが最も悪質性が高い」と断言する。

「安価な肉を使い、客より儲けを優先させる。企業の姿勢が問われることはもちろんですが、加えて牛脂注入肉は、加熱処理が甘いと食中毒を起こす危険がある。それをメニューに明記しなかったということは、“食の安全”という根本姿勢まで問われるわけです」


「国産牛」を「和牛」と表示するのとは、偽装の“質”が違うのだ。ちなみに、種類を問わずに日本で飼養された牛が国産牛で、和牛は決められた4品種だけを指す。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  8. 8

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る