相次ぐ「メニュー偽装」公表 食のプロは「“再犯”の恐れあり」と指摘

公開日: 更新日:

<ドサクサ紛れの公表ラッシュ>

 メニュー偽装問題は底なしだ。全国各地のホテルがドサクサ紛れに公表し、やり過ごそうとしているのはミエミエ。すべてが一緒くたにされ、「小悪党」と「巨悪」の区別がつきにくい。

 例えば、近鉄ホテルシステムズやかんぽの宿塩原では、牛脂注入加工肉を「ステーキ」と表示していた。あまりの偽装メニューの多さに、「この程度なら」という気もしてくるが、消費者問題研究所代表の垣田達哉氏は「これが最も悪質性が高い」と断言する。

「安価な肉を使い、客より儲けを優先させる。企業の姿勢が問われることはもちろんですが、加えて牛脂注入肉は、加熱処理が甘いと食中毒を起こす危険がある。それをメニューに明記しなかったということは、“食の安全”という根本姿勢まで問われるわけです」


「国産牛」を「和牛」と表示するのとは、偽装の“質”が違うのだ。ちなみに、種類を問わずに日本で飼養された牛が国産牛で、和牛は決められた4品種だけを指す。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  2. 2

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  3. 3

    統一地方選で2ケタ議席「N国党」と「幸福党」大躍進のナゼ

  4. 4

    就職戦線“買い手市場”に激変 新卒採用は氷河期に向かう

  5. 5

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  6. 6

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  7. 7

    木浪と近本は数試合で…矢野阪神「4番・大山」の賞味期限

  8. 8

    あるのか阪神? 貧打と補強下手の“4度目赤っ恥”緊急補強

  9. 9

    衆院2補選惨敗で自民真っ青…夏の“衆参W選”へ一気に現実味

  10. 10

    大谷はFA権取得前に放出か トラウト472億円契約延長の波紋

もっと見る