相次ぐ「メニュー偽装」公表 食のプロは「“再犯”の恐れあり」と指摘

公開日:  更新日:

<ドサクサ紛れの公表ラッシュ>

 メニュー偽装問題は底なしだ。全国各地のホテルがドサクサ紛れに公表し、やり過ごそうとしているのはミエミエ。すべてが一緒くたにされ、「小悪党」と「巨悪」の区別がつきにくい。

 例えば、近鉄ホテルシステムズやかんぽの宿塩原では、牛脂注入加工肉を「ステーキ」と表示していた。あまりの偽装メニューの多さに、「この程度なら」という気もしてくるが、消費者問題研究所代表の垣田達哉氏は「これが最も悪質性が高い」と断言する。

「安価な肉を使い、客より儲けを優先させる。企業の姿勢が問われることはもちろんですが、加えて牛脂注入肉は、加熱処理が甘いと食中毒を起こす危険がある。それをメニューに明記しなかったということは、“食の安全”という根本姿勢まで問われるわけです」


「国産牛」を「和牛」と表示するのとは、偽装の“質”が違うのだ。ちなみに、種類を問わずに日本で飼養された牛が国産牛で、和牛は決められた4品種だけを指す。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権に財界ソッポ 目玉の「原発輸出」日立凍結で全滅

  2. 2

    「今日俺」人気を陰で支えた“カメレオン俳優”太賀の底力

  3. 3

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  4. 4

    嫌われクロちゃんが一転…キャバ嬢に大人気の意外な理由

  5. 5

    嶋大輔が復活!「今日俺」でのリバイバルに本人びっくり

  6. 6

    和田アキ子の大晦日が“空白” NHK紅白サプライズ出演あるか

  7. 7

    北島三郎復帰に“禁じ手” 平成最後のNHK紅白は無法地帯に

  8. 8

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  9. 9

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  10. 10

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

もっと見る