• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

中国では“計測不能” 高濃度 PM2.5が11月の日本を覆い尽くす

 猛毒微粒子「PM2.5」による大気汚染が中国で大変なことになっている。黒竜江省ハルビン市では計測不能にまで悪化し、昼間でも道路の信号がよく見えないほど、真っ暗なのだ。このPM2.5はこれから約1カ月間、日本にも大量に飛来するとの予測があるから悪夢だ。

 財団法人「日本気象協会」は10月31日、中国のPM2.5が日本の広い範囲に流れ込む可能性があると発表した。飛来予測図で分かるように、日本列島の東北から九州まですっぽり覆われている。少なくともあすまでの間は、この状態が続く可能性があるとして注意を喚起している。

 中国では10月下旬になって急激にPM2.5濃度が高まっている。ハルビン市では10月21日、1立方メートル当たり1日平均1000マイクログラムを超えた。中国の基準値は75マイクログラムだから、13倍だ。数値が悪化したのは、10月から家庭向けの暖房供給が始まった影響が大きい。燃料の石炭使用量が急増し、煤煙が大量に放出されたことで汚染が拡大したようだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  4. 4

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  5. 5

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  6. 6

    安倍首相が異例の神社参拝3連発 総裁選に不安で“神頼み”

  7. 7

    剛力は助言無視で再炎上…救えるのはバナナマン日村だけか

  8. 8

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  9. 9

    剛力彩芽へ助言…私生活をSNSにアップする女優は伸びない

  10. 10

    恋愛に厳しいはずが…剛力彩芽を“黙認”するオスカーの打算

もっと見る