中国では“計測不能” 高濃度 PM2.5が11月の日本を覆い尽くす

公開日: 更新日:

 猛毒微粒子「PM2.5」による大気汚染が中国で大変なことになっている。黒竜江省ハルビン市では計測不能にまで悪化し、昼間でも道路の信号がよく見えないほど、真っ暗なのだ。このPM2.5はこれから約1カ月間、日本にも大量に飛来するとの予測があるから悪夢だ。

 財団法人「日本気象協会」は10月31日、中国のPM2.5が日本の広い範囲に流れ込む可能性があると発表した。飛来予測図で分かるように、日本列島の東北から九州まですっぽり覆われている。少なくともあすまでの間は、この状態が続く可能性があるとして注意を喚起している。

 中国では10月下旬になって急激にPM2.5濃度が高まっている。ハルビン市では10月21日、1立方メートル当たり1日平均1000マイクログラムを超えた。中国の基準値は75マイクログラムだから、13倍だ。数値が悪化したのは、10月から家庭向けの暖房供給が始まった影響が大きい。燃料の石炭使用量が急増し、煤煙が大量に放出されたことで汚染が拡大したようだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜の地上波激減に友近真っ青…大きすぎた反旗の代償

  2. 2

    巨人投壊の犯人は誰?桑田補佐「投げ込み奨励」が目の敵に

  3. 3

    大阪の“二の舞”か5.4万人入院できず…迫る最悪の医療崩壊

  4. 4

    大谷二刀流が意外な不人気の謎解き 報道とファンは対照的

  5. 5

    オリラジ藤森慎吾 “司会1時間1000万円”オファー断った嗅覚

  6. 6

    夏目三久“女子の本懐”と玉の輿 フリーアナ戦線から一抜け

  7. 7

    「リコカツ」永山瑛太の新機軸 守られたい女子急増の予感

  8. 8

    小池都知事が大誤算…「東京五輪中止」ブチ上げの効果消失

  9. 9

    菅野の故障で巨人が“腕まくり”引き留めに破格の40億円用意

  10. 10

    ポスト夏目三久は誰?引退で熾烈な“椅子取りゲーム”が勃発

もっと見る