• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

元気なうちに“一番いい素顔”を…「遺影」が静かなブーム

「どの写真がいい?」
 身内が不幸にして亡くなった当日、遺族は慌てて祭壇の中央に飾る遺影を探すことになる。押し入れからアルバムを取り出し、写真を選択することになるが、気に入った写真が見つからない。さて、どうするか。こうした遺影について、生前に撮影をしておこうというちょっとしたブームが起きているという。一体どんな写真を撮ってもらえるのか?

 生前に購入する墓地や納骨堂と同じで、実際、遺影撮影専門のスタジオも増えてきた。

「私は遺影という言葉があまり好きではありません。元気な間に素顔を撮影しておく“とっておき写真”と、言っております」

 こう語るのは遺影・肖像写真を専門にしているスタジオ「素顔館」(東京・中野)の能津喜代房館長(65)である。

 資生堂・宣伝制作写真部からフリーカメラマンに転じた能津氏は、朝日広告部門賞など数々の作品賞を受賞し、6年前に同スタジオを開設した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  2. 2

    黒田総裁は“白旗”か…ついに日銀が「株を買うのをやめた」

  3. 3

    総裁選の争点に 石破氏の秘策は「加計問題」と「脱原発」

  4. 4

    今年も唯一ゴルフ不参加…福田元首相はやっぱり“アベ嫌い”

  5. 5

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  6. 6

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  7. 7

    イメージダウン必至の日本大学 新入生の半数は付属から

  8. 8

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  9. 9

    「検察側の罪人」原田監督語る 木村拓哉の演技と籠絡テク

  10. 10

    「美化は良くない」 鹿島DF内田篤人がW杯ベルギー戦に言及

もっと見る