元気なうちに“一番いい素顔”を…「遺影」が静かなブーム

公開日:  更新日:

「どの写真がいい?」
 身内が不幸にして亡くなった当日、遺族は慌てて祭壇の中央に飾る遺影を探すことになる。押し入れからアルバムを取り出し、写真を選択することになるが、気に入った写真が見つからない。さて、どうするか。こうした遺影について、生前に撮影をしておこうというちょっとしたブームが起きているという。一体どんな写真を撮ってもらえるのか?

 生前に購入する墓地や納骨堂と同じで、実際、遺影撮影専門のスタジオも増えてきた。

「私は遺影という言葉があまり好きではありません。元気な間に素顔を撮影しておく“とっておき写真”と、言っております」

 こう語るのは遺影・肖像写真を専門にしているスタジオ「素顔館」(東京・中野)の能津喜代房館長(65)である。

 資生堂・宣伝制作写真部からフリーカメラマンに転じた能津氏は、朝日広告部門賞など数々の作品賞を受賞し、6年前に同スタジオを開設した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  2. 2

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  3. 3

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  4. 4

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  5. 5

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  6. 6

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    市場に流れる日産「上場廃止」説 “積極退場”の仰天情報も

  9. 9

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  10. 10

    事件、退所、病気…ジャニーズ内の光と影が鮮明だった一年

もっと見る