元気なうちに“一番いい素顔”を…「遺影」が静かなブーム

公開日: 更新日:

「どの写真がいい?」
 身内が不幸にして亡くなった当日、遺族は慌てて祭壇の中央に飾る遺影を探すことになる。押し入れからアルバムを取り出し、写真を選択することになるが、気に入った写真が見つからない。さて、どうするか。こうした遺影について、生前に撮影をしておこうというちょっとしたブームが起きているという。一体どんな写真を撮ってもらえるのか?

 生前に購入する墓地や納骨堂と同じで、実際、遺影撮影専門のスタジオも増えてきた。

「私は遺影という言葉があまり好きではありません。元気な間に素顔を撮影しておく“とっておき写真”と、言っております」

 こう語るのは遺影・肖像写真を専門にしているスタジオ「素顔館」(東京・中野)の能津喜代房館長(65)である。

 資生堂・宣伝制作写真部からフリーカメラマンに転じた能津氏は、朝日広告部門賞など数々の作品賞を受賞し、6年前に同スタジオを開設した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    阪神藤浪に二軍調整はもう不要…ドラ2伊藤の活躍が追い風

  2. 2

    福山雅治はNHK出演も語らず 自身の“家族の物語”は謎だらけ

  3. 3

    菅田将暉がミスキャスト?「コントが始まる」低迷の元凶

  4. 4

    石田純一は“枕営業”迫られた…衝撃の未遂体験と告白の影響

  5. 5

    ワクチン接種後19人死亡の衝撃 基礎疾患のない26歳女性も

  6. 6

    近藤真彦の非常識発言で明確に…ジャニーズ事務所の課題

  7. 7

    菅田将暉「コントが始まる」低視聴率発進となった理由2つ

  8. 8

    紗栄子は魔性の女…17歳アーティストYOSHIを骨抜きにした

  9. 9

    日本がワクチン後進国になってしまった「3つの理由」

  10. 10

    芸能界で話題もちきり“五輪中止論” たけしがスルーの背景

もっと見る