取り返そうとしてさらなる悲劇…シニアはこうしてカネを騙し取られる

公開日: 更新日:

 Aさんの預金残高は100万円になり、悔やんでも悔やみきれない。何とか取り戻せないか。ここから詐欺被害の連鎖が始まった。

 関西に住む友人に、金融詐欺に遭った経過を話すと、「それじゃ、絶対に儲けられるビジネスがある」と、勧められたのが、滋賀県草津市にあるB社が発祥の地とされる、「お守りカード」の販売だった。

 同社のパンフによると、“宇宙の最高パワー”が受けられる「お守りカード」1セット2万5000円。これを購入し、さらに親戚、知人、友人を勧誘して購入させていくと、100万円の購入で、1200万円の利益を生むという。

 昔「ねずみ講」、今は「無限連鎖講」に近いマルチ商法だが、Aさんは、これにも20万円ほど投資した。当然、勧誘が息切れして失敗。目下、消費生活センターに相談しているが、Aさんがドツボにハマる被害の連鎖はまだ続いている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    連日過熱報道でついに悲鳴…渋野日向子が“国外逃亡”する日

  2. 2

    日韓外相会談物別れでも SNS映えに走る河野外相悪ノリ外遊

  3. 3

    コンクリートに7割消える「消費増税2兆円対策」のマヤカシ

  4. 4

    F35とは“別腹” F2後継ステルス機国産化で防衛費は青天井

  5. 5

    滝クリ同居拒否は宣戦布告か?進次郎が怯える“嫁姑バトル”

  6. 6

    目玉は嵐だけ…“やめ時”を逸した24時間テレビの時代錯誤

  7. 7

    マネジャー20人交代…友近に浮上したパワハラ疑惑の行方

  8. 8

    天皇陛下以外が過去の戦争に反省の言葉を発しなかった理由

  9. 9

    三菱UFJ銀行vs三井住友銀行の給与 老後の蓄えは1億円以上

  10. 10

    史上最低大河「いだてん」に狙いを定めるN国にNHKは真っ青

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る