シニア層に志望者急増 「小説家」になるにはいくらかかる?

公開日: 更新日:

「私も1冊ぐらい本を書いてみたい」……定年を迎えて時間に余裕ができた、とくにシニア層に、こうした“作家”希望者が増えている。

 自分史、官能小説、郷土史、文学作品、歴史小説、ノンフィクション……ジャンルは多岐に及ぶが、書店には「文章の書き方」といった書籍が並び、他方、朝日カルチャーセンター主催の「文章通信講座」(1クール、2万500円)なども人気を見せている。

 しかもネットの普及で、ツイッターやメールなどを利用する情報発信者も急増した。そのため、上手な文章の書き方を学ぼうとする中高年が増えてきたのだ。

■自費出版も費用はピンキリ

 今年6月、大手商社を定年退職したAさん(61)は、パソコンで好きな歴史小説を書き始めた。

「小説を書き、自費出版でもいいから、大手出版社から本を出したい。それで、某大手出版に見積もりを依頼したら、1000万円と言われてショック。また、真剣になって文章に立ち向かうと、表現の難しさがこたえます」(Aさん)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  2. 2

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  3. 3

    新元号の有力候補やはり「安」が? すでに皇太子に提示か

  4. 4

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  5. 5

    有村架純「ひよっこ」は「サザエさん」「渡鬼」になれるか

  6. 6

    10連休GWの小遣い稼ぎに「3月高配当」21銘柄いまから狙う

  7. 7

    MC復帰でバッシングも想定内? 河野景子の“したたか”戦略

  8. 8

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  9. 9

    「おおらかにやりたいが…」元“満塁男”駒田徳広さんの葛藤

  10. 10

    AKBグループを蝕む“大企業病” 運営側グタグタ会見で露呈

もっと見る