• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

シニア層に志望者急増 「小説家」になるにはいくらかかる?

「私も1冊ぐらい本を書いてみたい」……定年を迎えて時間に余裕ができた、とくにシニア層に、こうした“作家”希望者が増えている。

 自分史、官能小説、郷土史、文学作品、歴史小説、ノンフィクション……ジャンルは多岐に及ぶが、書店には「文章の書き方」といった書籍が並び、他方、朝日カルチャーセンター主催の「文章通信講座」(1クール、2万500円)なども人気を見せている。

 しかもネットの普及で、ツイッターやメールなどを利用する情報発信者も急増した。そのため、上手な文章の書き方を学ぼうとする中高年が増えてきたのだ。

■自費出版も費用はピンキリ

 今年6月、大手商社を定年退職したAさん(61)は、パソコンで好きな歴史小説を書き始めた。

「小説を書き、自費出版でもいいから、大手出版社から本を出したい。それで、某大手出版に見積もりを依頼したら、1000万円と言われてショック。また、真剣になって文章に立ち向かうと、表現の難しさがこたえます」(Aさん)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ブームが去って「残念!」…ギター侍・波田陽区さんは今

  2. 2

    学長会見は“ガキの使い” 日大理事長が絶対表に出ない理由

  3. 3

    元財務省・田中秀明氏 官僚の「政治化」が生んだ忖度体質

  4. 4

    石原さとみに未練か “決断できない男”山下智久に心配の声

  5. 5

    日ロ会談は成果ゼロ プーチンに見切られた安倍首相の末路

  6. 6

    遺族の感情逆なで 堀内議員“高プロ”強行採決で大ハシャギ

  7. 7

    TVから消え10年超…小橋賢児さんイベント仕掛人になるまで

  8. 8

    天敵の籠池氏保釈で“劇場”再燃 高まる「6.20会期末解散」

  9. 9

    田中圭「おっさんずラブ」 女性ファン狂喜乱舞の“肉体美”

  10. 10

    テレ朝の刑事ドラマを追撃 “ダークな二宮和也”の心意気

もっと見る