日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

自動車駆け込み購入 消費税の境界線は「ナンバー登録」にあり

 消費税増税まで1カ月を切った。駆け込み需要を当て込んだ商戦がヒートアップしているが、ラストスパートに入っているのが自動車ディーラー。増税後の4月は販売が落ち込むと予想しているだけに、「まだ間に合います!」と、さまざまなキャンペーンを打ち出している。

■陸運局登録が3月なら納車は4月でOK

 消費税5%でクルマを買うには、<注文したクルマが3月中に陸運局に登録され、ナンバーが交付されること>が条件。クルマの消費税は、ナンバーが交付された時に課せられるからだ。これさえクリアできれば、納車は4月でも大丈夫だ。

 もちろん、この時点で買える車種はある程度限定される。ニューモデルやハイブリッド車は、どのメーカーも間に合わない。トヨタのプリウスやアクア、ホンダ・フィットHVは、1月上旬の契約でも3月登録はNGだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事