日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

特産プレゼント充実 ふるさと納税で消費増税をカバーする

 ふるさと納税で、増税分を取り戻そう!

 この制度は、自分の好きな自治体に寄付金を贈れば、その分、所得税や住民税が控除されるというもの。2000円を超える部分が控除対象なので、どうしても2000円は自腹だが、何万円にもなって返ってくるのだ。

 市町村によっては、寄付金に応じて特産品などをプレゼントしている。
 専門サイトも登場した。「ふるさとチョイス」といって、全国自治体の特典を検索できる。

「自治体の半数程度が記念品を用意しています。1万円の寄付で5000円相当の特産品が主流だと思います」(「ふるさとチョイス」を運営するトラストバンクの須永珠代社長)

 首都圏ではあまり流通していない特産品もいっぱいだ。北海道当麻町は黒皮の「でんすけすいか」、鳥取県倉吉市は「新甘泉」という梨。長野県阿南町は地元産「阿南米」を20キロくれる(表(1)参照)。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事