特産プレゼント充実 ふるさと納税で消費増税をカバーする

公開日: 更新日:

 ふるさと納税で、増税分を取り戻そう!

 この制度は、自分の好きな自治体に寄付金を贈れば、その分、所得税や住民税が控除されるというもの。2000円を超える部分が控除対象なので、どうしても2000円は自腹だが、何万円にもなって返ってくるのだ。

 市町村によっては、寄付金に応じて特産品などをプレゼントしている。
 専門サイトも登場した。「ふるさとチョイス」といって、全国自治体の特典を検索できる。

「自治体の半数程度が記念品を用意しています。1万円の寄付で5000円相当の特産品が主流だと思います」(「ふるさとチョイス」を運営するトラストバンクの須永珠代社長)

 首都圏ではあまり流通していない特産品もいっぱいだ。北海道当麻町は黒皮の「でんすけすいか」、鳥取県倉吉市は「新甘泉」という梨。長野県阿南町は地元産「阿南米」を20キロくれる(表(1)参照)。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    危機感が足りない?新型コロナ蔓延でも芸能人は遊びまわる

  2. 2

    二宮夫人を悩ます 嵐の“活動休止延長”と羽田新飛行ルート

  3. 3

    「コロナ感染ウソ」で露呈 JYJジェジュンの非常識と幼稚さ

  4. 4

    コロナ患者激白「喉に金串が刺さったような耐え難い痛み」

  5. 5

    錦戸亮の大誤算…コロナ禍と新人活躍でドラマオファーなし

  6. 6

    「収束後は」って何?くだらないことに税金使うって話だろ

  7. 7

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  8. 8

    世界で猛威のコロナウイルスを商標出願したのはあの人物!

  9. 9

    歌舞伎町ラブホテル街で賃貸経営が成功したもっともな理由

  10. 10

    手薄なコロナ対策 世界の家計支援から浮く日本の冷酷非情

もっと見る