• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

特産プレゼント充実 ふるさと納税で消費増税をカバーする

投稿日:  更新日:

 ふるさと納税で、増税分を取り戻そう!

 この制度は、自分の好きな自治体に寄付金を贈れば、その分、所得税や住民税が控除されるというもの。2000円を超える部分が控除対象なので、どうしても2000円は自腹だが、何万円にもなって返ってくるのだ。

 市町村によっては、寄付金に応じて特産品などをプレゼントしている。
 専門サイトも登場した。「ふるさとチョイス」といって、全国自治体の特典を検索できる。

「自治体の半数程度が記念品を用意しています。1万円の寄付で5000円相当の特産品が主流だと思います」(「ふるさとチョイス」を運営するトラストバンクの須永珠代社長)

 首都圏ではあまり流通していない特産品もいっぱいだ。北海道当麻町は黒皮の「でんすけすいか」、鳥取県倉吉市は「新甘泉」という梨。長野県阿南町は地元産「阿南米」を20キロくれる(表(1)参照)。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  6. 6

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

  7. 7

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  8. 8

    投票の“証拠写メ”強制…沖縄知事選で自公が異常な締めつけ

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    浮沈はサーシャに…大坂なおみ“女王君臨”への落とし穴

もっと見る