消費税増税 “メタボ家計”の年収700万~800万円は貧乏予備軍

公開日: 更新日:

 消費増税まで5カ月を切った。ファイナンシャルプランナーの花輪陽子さんによると、「まだ先だし、どうにかなる」と油断しているのは、年収700万~800万円世帯に多く、そのほとんどがメタボ家計。消費税貧乏予備軍だという。

「年収が700万円を超えると、無駄な支出が途端に増え始めます。しかも、見栄や自己満足が原因で、本人たちは無駄に気づいていないのが特徴です。夫がそこそこの有名企業勤務で、妻も共稼ぎが長かった場合、家計収入が夫だけになってもお金の使い方をなかなか変えられません。逆に、節約すると生活レベルが落ちるのではと、不安になってしまうのです」(花輪さん)

 年収500万円の家計と比べて出費が多いのは「娯楽費」と「日用品」だ。
 GWや夏休みのたびに海外旅行がお決まりなら、娯楽費は増えるに決まっているが、むしろ盲点は、日用品のほうだという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日産の“暴君”と対決した元広報マンはゴーン事件をどう見る

  2. 2

    元カノ小川アナは結婚…櫻井翔“クソ甘えん坊”の険しい前途

  3. 3

    上沼恵美子が試される…フジテレビの“実験”は吉と出るか

  4. 4

    野茂英雄氏と借金トラブル 元1億円投手の佐野慈紀さんは今

  5. 5

    深まる亀裂…対韓「経済制裁」強行で偽装アベノミクス自爆

  6. 6

    元スピードスケート五輪銅 山中宏美さんは銭湯でヨガ講師

  7. 7

    何があったのか…嵐「活動休止」櫻井翔の“予告”と複雑背景

  8. 8

    あのジャニーズが“バーチャルアイドル”2.19デビューの衝撃

  9. 9

    かつては“お荷物”…山下智久が引き寄せた仕事運と信頼

  10. 10

    「こりゃめでてーな」伊藤こう大が語る“破滅的”貧乏生活

もっと見る