日本人は1・4万人以上! ニュージーランド暮らしの魅力

公開日:  更新日:

 世界から年間5万人の移住者を受け入れ、日本からも毎年約1000人の移住者や長期滞在者を受け入れている国、ニュージーランド(NZ)。その人気はますます高まっているという。なぜか。

■原発がない安全な国

「一番の理由は“安全”でしょうね。治安がよく、原発もありません。福島の事故以来、日本人からの問い合わせが急増しています」
 こう言うのは現地で移住に関する情報サイト「NZ大好きドットコム」を運営している野澤哲夫さん(49歳)。自身も12年前に大手IT企業を退職して、NZに移り住んだクチだ。

「四季があり、拳銃社会でないところが日本と似ています。その一方で、生活リズムは随分とのんびりしています。残業はなく、夕食は必ず家族でとるスタイル。休日はもっぱら川や海、山などで遊んだり、公園でバーベキューをしたりして過ごします。家賃や食料などの物価は決して安くありませんが、日本のように大きな繁華街やテーマパークがあるわけではないので、お金を使わずに済むんです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  3. 3

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  4. 4

    巨額税収減に負け惜しみ連発…小池知事がさらけ出した無能

  5. 5

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  6. 6

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  7. 7

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  8. 8

    数字残して当たり前…阪神FA西に浴びせられるドギツい洗礼

  9. 9

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  10. 10

    雄星メジャー“最後の壁” 球団ドクター難癖で買い叩き懸念

もっと見る