日本人は1・4万人以上! ニュージーランド暮らしの魅力

公開日: 更新日:

 世界から年間5万人の移住者を受け入れ、日本からも毎年約1000人の移住者や長期滞在者を受け入れている国、ニュージーランド(NZ)。その人気はますます高まっているという。なぜか。

■原発がない安全な国

「一番の理由は“安全”でしょうね。治安がよく、原発もありません。福島の事故以来、日本人からの問い合わせが急増しています」
 こう言うのは現地で移住に関する情報サイト「NZ大好きドットコム」を運営している野澤哲夫さん(49歳)。自身も12年前に大手IT企業を退職して、NZに移り住んだクチだ。

「四季があり、拳銃社会でないところが日本と似ています。その一方で、生活リズムは随分とのんびりしています。残業はなく、夕食は必ず家族でとるスタイル。休日はもっぱら川や海、山などで遊んだり、公園でバーベキューをしたりして過ごします。家賃や食料などの物価は決して安くありませんが、日本のように大きな繁華街やテーマパークがあるわけではないので、お金を使わずに済むんです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  2. 2

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  3. 3

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  4. 4

    新元号の有力候補やはり「安」が? すでに皇太子に提示か

  5. 5

    有村架純「ひよっこ」は「サザエさん」「渡鬼」になれるか

  6. 6

    MC復帰でバッシングも想定内? 河野景子の“したたか”戦略

  7. 7

    10連休GWの小遣い稼ぎに「3月高配当」21銘柄いまから狙う

  8. 8

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  9. 9

    「おおらかにやりたいが…」元“満塁男”駒田徳広さんの葛藤

  10. 10

    AKBグループを蝕む“大企業病” 運営側グタグタ会見で露呈

もっと見る