若手逃げ出し、年収大幅減…それでも東電を目指す学生たち

公開日: 更新日:

 一体、誰が応募するというのか。未曽有の原発事故から丸3年、東京電力が12日、来年4月入社の新卒採用枠を700人とする人事計画を発表。新卒採用を本格的に再開する。

 事故前の東電は例年800~1100人規模の新卒採用を実施。当時は飛び切りの優良企業で、大卒だけで毎年約4万人が資料を請求し、東大や早慶など有名大の学生を筆頭に約7000人が応募に殺到、「狭き門」を目指したものだ。

■この3年で1500人が自主退職

 そんな栄華も「今は昔」で、廃炉作業や汚染水処理など難題山積の中、ピーク時に約3万8000人に達した従業員の人材流出は止まらない。自主退職者数は11年度465人、12年度712人、今年度は12月末までに315人と、実に約1500人が会社を去った。

「辞めた7割が20~30代の若手・中堅で、うち4割は経営幹部候補や原子力技術者などの中核社員でした。将来にわたって賠償、廃炉、復興の責務を負うには、技能やノウハウを若手に継承する必要がある。そのため、新卒採用に踏み切りました」(東電広報)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    NHK桑子真帆アナに“超肉食系”報道…結婚には完全マイナス

  2. 2

    河野担当相が“暴走迷走”…ワクチン接種事業に早くも暗雲

  3. 3

    二階堂ふみがトバッチリ…森七菜“移籍騒動”本当の黒幕は?

  4. 4

    巨人清武球団代表の怒声が響く「寄せ集めに負けやがって」

  5. 5

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  6. 6

    森七菜はまだマシ?ステージママは売れる前にわが子を潰す

  7. 7

    南ア型「変異種」市中感染の恐怖 抗体もワクチンも効かず

  8. 8

    綾瀬はるかは看板女優に…“恋敵”戸田恵梨香とガチンコ勝負

  9. 9

    政府肝入り「新幹線輸出」が頓挫…台湾が新車両購入を拒否

  10. 10

    松潤の大河主演で混沌…井上真央との結婚の行方は占い頼み

もっと見る