• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

4月から3割減 「食品セシウム検査」縮小がはらむリスク

 原発事故から丸3年。東北や関東など17都県が実施している放射性セシウム検査の対象食品が、4月から3割減らされる。現行の98品目が65品目になるのだ。

 原子力災害対策本部のガイドライン策定に関わった厚労省の監視安全課はこう言う。
「12年4月から13年2月末と、13年4月から今年2月末の検査結果に基づいて品目の見直しを行いました。基準値の2分の1以下の品目は大丈夫と判断し、対象から外しました」

 今回の見直しで、ミカンやレンコン、豚肉、馬肉など(主な食品は別表)が検査対象から外れる。だが、日刊ゲンダイ本紙既報通り、今月も福島県の広範囲で平時の2倍の放射線量が観測され大騒ぎになったばかり。ウクライナの現地調査を行ったNPO法人「食品と暮らしの安全基金」代表の小若順一氏は、「いったん減ったセシウムが再び増えることもある」と警告する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    有働アナ取られ…大手がマツコに意趣返し“共演NG包囲網”も

  2. 2

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  3. 3

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  4. 4

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  5. 5

    支持率下落が続く安倍政権 今度は対北外交でも国民にウソ

  6. 6

    消防士の腕で眠る赤ちゃん…写真が急拡散したそのワケとは

  7. 7

    前川清さん語る運の尽き 演歌界の“酒豪四天王”に誘われて

  8. 8

    5歳児虐待死も 連れ子のいる女性が再婚相手の子を望む心理

  9. 9

    東西約300人が在籍 ジャニーズJrは“大人以上に遊んでいる”

  10. 10

    織田裕二のひと言で消えた「東京ラブストーリー」続編計画

もっと見る