日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

毎年3月にセシウムが急上昇 首都圏の“外出危険度”は?

 例年、この時期になると首都圏で放射線量が急上昇するというから、要注意だ。2011年3月の原発事故の直後、都内には8000ベクレル以上のセシウム134、137が降下した。あれから3年。現在、セシウム137の値は毎月1~2ベクレル程度で推移しているが、なぜか3月になると10~20倍に数値が跳ね上がるという。

 毎月、1平方メートル当たりにどれだけのセシウムが降ったかを測定・公表している「東京都健康安全研究センター」の担当者に聞いた。

「原発事故以降、3月になると放射性セシウムの降下量が増えます。はっきりした理由は分かりませんが、東京周辺の地表に残っているセシウムが土ぼこりなどに付着して大気中に舞い上がり、降雨や風で降下すると考えられます。今月はまだ測定結果を公表していませんが、恐らく今年の3月も数値は上がると予想されます」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事