• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

終電逃した! イザというときの都内5000円宿泊ガイド

 人事異動や新入社員の歓迎会などで、繁華街がにぎわっている。週末はもちろん、平日でも2次会、3次会に繰り出すグループが多いはず。それで、調子に乗って飲み過ぎると、ヤバッ、終電が……。

 そんなウッカリさんのために、5000円前後のオススメの寝床をチョイスしたのが〈表〉だ。ビジネスホテルやマンガ喫茶、個室ビデオ、サウナなどなど。自宅までの深夜タクシー代が1万円以上かかる人には絶対お得。〈表〉では、ビジネスホテル以外の店舗を網掛けしている。

「雑魚寝でいいからとにかく安く」という人は、各エリアの網掛け部分の店舗で休めばいい。「ゆっくり休みたい」人は、それ以外のビジネスホテルだ。ただし、予約は工夫すること。特にサラリーマンの街・新橋周辺は出張族も重なって、予約を取りにくい。

 どうするか? ヘビーな飲み会の予定が決まっている時は、事前に予約するのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    有働アナ取られ…大手がマツコに意趣返し“共演NG包囲網”も

  2. 2

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  3. 3

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  4. 4

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  5. 5

    支持率下落が続く安倍政権 今度は対北外交でも国民にウソ

  6. 6

    消防士の腕で眠る赤ちゃん…写真が急拡散したそのワケとは

  7. 7

    前川清さん語る運の尽き 演歌界の“酒豪四天王”に誘われて

  8. 8

    5歳児虐待死も 連れ子のいる女性が再婚相手の子を望む心理

  9. 9

    東西約300人が在籍 ジャニーズJrは“大人以上に遊んでいる”

  10. 10

    織田裕二のひと言で消えた「東京ラブストーリー」続編計画

もっと見る