日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

終電逃した! イザというときの都内5000円宿泊ガイド

 人事異動や新入社員の歓迎会などで、繁華街がにぎわっている。週末はもちろん、平日でも2次会、3次会に繰り出すグループが多いはず。それで、調子に乗って飲み過ぎると、ヤバッ、終電が……。

 そんなウッカリさんのために、5000円前後のオススメの寝床をチョイスしたのが〈表〉だ。ビジネスホテルやマンガ喫茶、個室ビデオ、サウナなどなど。自宅までの深夜タクシー代が1万円以上かかる人には絶対お得。〈表〉では、ビジネスホテル以外の店舗を網掛けしている。

「雑魚寝でいいからとにかく安く」という人は、各エリアの網掛け部分の店舗で休めばいい。「ゆっくり休みたい」人は、それ以外のビジネスホテルだ。ただし、予約は工夫すること。特にサラリーマンの街・新橋周辺は出張族も重なって、予約を取りにくい。

 どうするか? ヘビーな飲み会の予定が決まっている時は、事前に予約するのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事