終電逃した! イザというときの都内5000円宿泊ガイド

公開日: 更新日:

 人事異動や新入社員の歓迎会などで、繁華街がにぎわっている。週末はもちろん、平日でも2次会、3次会に繰り出すグループが多いはず。それで、調子に乗って飲み過ぎると、ヤバッ、終電が……。

 そんなウッカリさんのために、5000円前後のオススメの寝床をチョイスしたのが〈表〉だ。ビジネスホテルやマンガ喫茶、個室ビデオ、サウナなどなど。自宅までの深夜タクシー代が1万円以上かかる人には絶対お得。〈表〉では、ビジネスホテル以外の店舗を網掛けしている。

「雑魚寝でいいからとにかく安く」という人は、各エリアの網掛け部分の店舗で休めばいい。「ゆっくり休みたい」人は、それ以外のビジネスホテルだ。ただし、予約は工夫すること。特にサラリーマンの街・新橋周辺は出張族も重なって、予約を取りにくい。

 どうするか? ヘビーな飲み会の予定が決まっている時は、事前に予約するのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ラグビーW杯悲願の8強 日本が打ち破った伝統国の“差別”

  2. 2

    台風19号で断水 町の自衛隊給水支援に神奈川県が“待った”

  3. 3

    大一番でスタメンの福岡堅樹にスコットランドは面食らった

  4. 4

    2000万円の退職金が半分以下に減ってしまい家計が苦しい

  5. 5

    スコットランドにはショック…稲垣のトライが生まれた背景

  6. 6

    巨人ドラ2位候補で狙う149キロ即戦力“ノーノー左腕”の評価

  7. 7

    緊急放流の6ダムで事前放流せず 国交省・自治体に重大責任

  8. 8

    阪神CS出場も鳥谷は…寂しい終幕に球団と指揮官への不信感

  9. 9

    ドラフト一番人気 星稜・奥川を狙う阪神の“嫌われ方”

  10. 10

    セは来季も巨人の独り勝ち濃厚 ライバル5球団に好材料なし

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る