異常ナシなのに肺がんだった…「遺伝子検査」悪徳業者の実態

公開日:  更新日:

 ローラースケートで滑っていた元アイドルの父子関係を巡るようなトラブルは、芸能界に限った話じゃない。西日本の30代の妻も、DNA鑑定結果を根拠に「夫と子供は血のつながりがない」と主張し、父子関係の取り消しを求めて争っている。近く最高裁が判断を下す見通しだ。

 いずれも検査後のモメごとだが、検査そのものの苦情も増えている。経産省が28日に発表した「遺伝子検査ビジネスに関する調査報告書」によると、13年度までの11年間に全国の消費生活センターに寄せられた相談575件のうち、101件は今年2月までの1年4カ月に集中していた。

「遺伝子検査ビジネスそのものに関わる問題も2件あります。ひとつは、遺伝子で調べるがんの早期チェックで異常なしとされたのに、別の医療機関の検査で肺がんと診断されたケース。もうひとつは、ネットによる遺伝子検査で2カ所の検査を受けたら異なる結果が出たケース。どちらも検査の質に関するものなのです」(経産省製造産業局)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ネットで知り合った男女の飼い猫が“ウリ二つ”だったワケ

  8. 8

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

もっと見る