異常ナシなのに肺がんだった…「遺伝子検査」悪徳業者の実態

公開日:  更新日:

 ローラースケートで滑っていた元アイドルの父子関係を巡るようなトラブルは、芸能界に限った話じゃない。西日本の30代の妻も、DNA鑑定結果を根拠に「夫と子供は血のつながりがない」と主張し、父子関係の取り消しを求めて争っている。近く最高裁が判断を下す見通しだ。

 いずれも検査後のモメごとだが、検査そのものの苦情も増えている。経産省が28日に発表した「遺伝子検査ビジネスに関する調査報告書」によると、13年度までの11年間に全国の消費生活センターに寄せられた相談575件のうち、101件は今年2月までの1年4カ月に集中していた。

「遺伝子検査ビジネスそのものに関わる問題も2件あります。ひとつは、遺伝子で調べるがんの早期チェックで異常なしとされたのに、別の医療機関の検査で肺がんと診断されたケース。もうひとつは、ネットによる遺伝子検査で2カ所の検査を受けたら異なる結果が出たケース。どちらも検査の質に関するものなのです」(経産省製造産業局)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  3. 3

    巨額税収減に負け惜しみ連発…小池知事がさらけ出した無能

  4. 4

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  5. 5

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  6. 6

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  7. 7

    世論調査で内閣支持率一斉下落…肝いり政策がそろって不評

  8. 8

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  9. 9

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  10. 10

    数字残して当たり前…阪神FA西に浴びせられるドギツい洗礼

もっと見る