60歳、65歳、70歳…年金をもらうのにベストな年齢は?

公開日:  更新日:

変わるサラリーマン生活

 田村憲久厚労相が、公的年金の受け取り年齢を75歳に繰り下げられるようにしたいと言い出した。だが、国のPRは信じない方がいい。受給を繰り下げた分(遅らせた人)は取り分が多くなるのは事実だが、一体、何歳からもらうのが最もお得なのか。

 サラリーマンの年金の受給開始年齢は、1961年4月2日以降生まれ(女性は1966年同日)の人から原則65歳になる。だが、これは国が勝手に設定しているだけで、「私は60歳からもらいます」と直前に手続きすれば、それでもOKだ。ただし、「繰り上げ受給」すると、1カ月早めるごとに受取額は満額よりも0.5%減り、最大5年(60カ月)で30%減となる。一方、「私は70歳からにします」というのもアリで、その場合は1カ月ごとに0.7%増。最大5年(60カ月)で42%増になる。この増減率が同じだとすると、75歳受給開始なら84%増になる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  2. 2

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  3. 3

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  4. 4

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  5. 5

    動くとビキニが…水原希子“透け映えコーデ”に会場クギづけ

  6. 6

    石崎ひゅーいとは破局か “共演者キラー”蒼井優の次の相手

  7. 7

    後輩芸人と絶縁宣言で浮き彫りに JOYとユージの好感度の差

  8. 8

    日産は会長人事見送り…ルノーに逆らえずクーデター大失敗

  9. 9

    「THE W」優勝 阿佐ヶ谷姉妹より受けていたのは滝沢カレン

  10. 10

    実は辺野古反対派 昭恵夫人「海を守りたい」思いはどこへ

もっと見る