60歳、65歳、70歳…年金をもらうのにベストな年齢は?

公開日:  更新日:

変わるサラリーマン生活

 田村憲久厚労相が、公的年金の受け取り年齢を75歳に繰り下げられるようにしたいと言い出した。だが、国のPRは信じない方がいい。受給を繰り下げた分(遅らせた人)は取り分が多くなるのは事実だが、一体、何歳からもらうのが最もお得なのか。

 サラリーマンの年金の受給開始年齢は、1961年4月2日以降生まれ(女性は1966年同日)の人から原則65歳になる。だが、これは国が勝手に設定しているだけで、「私は60歳からもらいます」と直前に手続きすれば、それでもOKだ。ただし、「繰り上げ受給」すると、1カ月早めるごとに受取額は満額よりも0.5%減り、最大5年(60カ月)で30%減となる。一方、「私は70歳からにします」というのもアリで、その場合は1カ月ごとに0.7%増。最大5年(60カ月)で42%増になる。この増減率が同じだとすると、75歳受給開始なら84%増になる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ネットで知り合った男女の飼い猫が“ウリ二つ”だったワケ

  8. 8

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    34万「いいね!」 配達員が92歳女性に示した小さな親切

もっと見る