日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

バブルを謳歌、年金も満額…団魂世代は何を買っているのか?

 高齢者の購買意欲が高まっている。特に800万人とされる団塊の世代は顕著で、豪華列車や海外クルーズの人気は言うに及ばず、ポール・マッカートニーまで来日させてしまった。ザ・タイガースも復活させた。

 この世代の買い物の特徴は、「いい商品なら金はいくらでも出す」ことだ。ニッセイ基礎研究所の押久保直也研究員がこう言う。

「シニア世代は、豊富な金融資産と自由な時間があります。しかもアベノミクスによる株高で、余裕資金が増えた。ところが、日本は高齢化という割に米国や英国などに比べてその面のサービス産業比率が低い。高齢者がお金を使いたい商品が少ないのです。彼らが優先的にお金を使いたい先は、〈健康・医療〉と〈旅行〉の2つ。例えば、温泉と医療をセットにした〈医療ツーリズム〉のようなものが国内にあれば、爆発的にヒットすると思います」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事