パワハラ自殺は愚策 “死ぬ覚悟”なら上司に殴りかかるべし

公開日:  更新日:

 先日、福島県警で準キャリの課長(45=警視)のパワーハラスメントを受けた課長補佐(51)が自殺した。その後、課長補佐のひとつ上のポストの指導官(52)までが、「最後まで寄り添えなく申し訳ありません」と遺書を残して首吊り自殺したものだから、大きな話題を呼んだ。

 2人を死に追いやった課長は、ほぼ毎日のように捜査報告書に文句を付け、「国語を習ってきたのか」「小学生みたいな文章を書くな」とネチネチやっていたという。その後に宮城県警でも同様のパワハラ事件が騒がれている。

 もっとも、パワハラが表沙汰になるのも、警察官のような公務員だからといった一面もある。民間企業ならほとんどが泣き寝入りで、裁判に勝ってようやく新聞に小さく取り上げられる程度。実際、12年度に全国の労働局には過去最高の5万1670件の「いじめ・嫌がらせ」相談が寄せられているが、これによる同年の労災認定件数は475件しかなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  2. 2

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  3. 3

    動くとビキニが…水原希子“透け映えコーデ”に会場クギづけ

  4. 4

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  5. 5

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  6. 6

    石崎ひゅーいとは破局か “共演者キラー”蒼井優の次の相手

  7. 7

    後輩芸人と絶縁宣言で浮き彫りに JOYとユージの好感度の差

  8. 8

    日産は会長人事見送り…ルノーに逆らえずクーデター大失敗

  9. 9

    「THE W」優勝 阿佐ヶ谷姉妹より受けていたのは滝沢カレン

  10. 10

    半グレ摘発も…真空地帯となったミナミを仕切るのはどこか

もっと見る