パワハラ自殺は愚策 “死ぬ覚悟”なら上司に殴りかかるべし

公開日: 更新日:

 先日、福島県警で準キャリの課長(45=警視)のパワーハラスメントを受けた課長補佐(51)が自殺した。その後、課長補佐のひとつ上のポストの指導官(52)までが、「最後まで寄り添えなく申し訳ありません」と遺書を残して首吊り自殺したものだから、大きな話題を呼んだ。

 2人を死に追いやった課長は、ほぼ毎日のように捜査報告書に文句を付け、「国語を習ってきたのか」「小学生みたいな文章を書くな」とネチネチやっていたという。その後に宮城県警でも同様のパワハラ事件が騒がれている。

 もっとも、パワハラが表沙汰になるのも、警察官のような公務員だからといった一面もある。民間企業ならほとんどが泣き寝入りで、裁判に勝ってようやく新聞に小さく取り上げられる程度。実際、12年度に全国の労働局には過去最高の5万1670件の「いじめ・嫌がらせ」相談が寄せられているが、これによる同年の労災認定件数は475件しかなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    飯島直子は自分のアソコに水着の上からポラで割れ目を…

  2. 2

    パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

  3. 3

    安倍政権GW外遊ラッシュ 13閣僚“海外旅行”に血税5億の衝撃

  4. 4

    応援演説にブーイング 杉田水脈議員が「自ら招いた危険」

  5. 5

    池袋を暴走し母娘の命を奪った元通産官僚「記念館」の真偽

  6. 6

    ジャパンライフに一斉捜査 安倍首相“広告塔”の動かぬ証拠

  7. 7

    写真誌に泥酔姿撮られた…米津玄師の「知られざる私生活」

  8. 8

    立憲民主“三重苦”で…野党結集へ態度一変した枝野氏の焦り

  9. 9

    吉高「定時で」も視聴率上昇 TBS火曜22時ドラマに“仕掛け”

  10. 10

    理事長は怒り心頭 横綱白鵬「三本締め」けん責処分の意味

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る