パワハラ自殺は愚策 “死ぬ覚悟”なら上司に殴りかかるべし

公開日:  更新日:

 先日、福島県警で準キャリの課長(45=警視)のパワーハラスメントを受けた課長補佐(51)が自殺した。その後、課長補佐のひとつ上のポストの指導官(52)までが、「最後まで寄り添えなく申し訳ありません」と遺書を残して首吊り自殺したものだから、大きな話題を呼んだ。

 2人を死に追いやった課長は、ほぼ毎日のように捜査報告書に文句を付け、「国語を習ってきたのか」「小学生みたいな文章を書くな」とネチネチやっていたという。その後に宮城県警でも同様のパワハラ事件が騒がれている。

 もっとも、パワハラが表沙汰になるのも、警察官のような公務員だからといった一面もある。民間企業ならほとんどが泣き寝入りで、裁判に勝ってようやく新聞に小さく取り上げられる程度。実際、12年度に全国の労働局には過去最高の5万1670件の「いじめ・嫌がらせ」相談が寄せられているが、これによる同年の労災認定件数は475件しかなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る