目指すは有吉弘行 部下が黙ってついてくる「理想の上司」

公開日:  更新日:

「へえ~っ」とうなった人もいるだろう。産業能率大が毎年行っている「理想の上司」を聞く調査で意外な結果が出た。昨年55位だった堺雅人(40)が“半沢効果”で1位に躍り出たことではない。お笑いタレントの有吉弘行(39)が初のベストテン入りを果たしたのだ。それも昨年の55位から7位に大躍進である。

 有吉は1996年、猿岩石のメンバーとしてテレビ番組の企画でユーラシア大陸貧乏旅行を行い、その後、じわじわと人気を上げてきた。いまではすっかり“毒舌男”のイメージが定着しているが、理想の上司とはビックリだ。

■毒気あるちゃめっ気

「彼はマツコ・デラックスと同じで、言いたいことをポンポン言う。それが若者に好まれているのです」とは芸能評論家の肥留間正明氏だ。
「貧乏旅行企画のあと、人気が低迷。そこで開き直って毒舌路線を打ち出しました。そうした捨て身の姿を若者は知っている。彼らは、有吉なら会社の上層部に<おまえら、偉そうなこと言うな。バカ野郎>と自分たちの不満を代弁してくれると思っているのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  5. 5

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  6. 6

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  7. 7

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  10. 10

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

もっと見る