日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

目指すは有吉弘行 部下が黙ってついてくる「理想の上司」

「へえ~っ」とうなった人もいるだろう。産業能率大が毎年行っている「理想の上司」を聞く調査で意外な結果が出た。昨年55位だった堺雅人(40)が“半沢効果”で1位に躍り出たことではない。お笑いタレントの有吉弘行(39)が初のベストテン入りを果たしたのだ。それも昨年の55位から7位に大躍進である。

 有吉は1996年、猿岩石のメンバーとしてテレビ番組の企画でユーラシア大陸貧乏旅行を行い、その後、じわじわと人気を上げてきた。いまではすっかり“毒舌男”のイメージが定着しているが、理想の上司とはビックリだ。

■毒気あるちゃめっ気

「彼はマツコ・デラックスと同じで、言いたいことをポンポン言う。それが若者に好まれているのです」とは芸能評論家の肥留間正明氏だ。
「貧乏旅行企画のあと、人気が低迷。そこで開き直って毒舌路線を打ち出しました。そうした捨て身の姿を若者は知っている。彼らは、有吉なら会社の上層部に<おまえら、偉そうなこと言うな。バカ野郎>と自分たちの不満を代弁してくれると思っているのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事