人手不足倒産時代 上司は部下の“召し使い”で生き残る

公開日:  更新日:

 仕事はあるのに人手がないために稼働できない、“人手不足倒産”の時代が到来した。部下に逃げられた上司は、それだけでも責任問題。では、上司はどうしたらいいのか? これからの上司は召し使いに徹するのがいいらしい。

 5月の完全失業率は3・5%。リーマン・ショック前の07年7月以来の低水準だ。このため三大都市圏は慢性的な人手不足に陥り、アルバイト・パート時給は1000円に近づいている。
 新卒内定率もぐんぐん上がり、早慶ランクの学生の間でも、「どうやって内定を断るか」が最もホットな話題だ。

 こうなると、容易に想像がつくのが、再び「3年以内に辞める若者」が増えるということ。募集すればいくらでも人が来た時代なら、「辞めたいなら辞めろ」と言ってやれたが、今は人員の補充もままならない。今年5月の転職求人倍率は1・20倍で、新規求人数は過去最高を記録しているのだ(DODA転職求人倍率レポート)。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  8. 8

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  9. 9

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  10. 10

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

もっと見る