日本で高濃度検出続々…PM2.5より怖い中国「猛毒水銀」

公開日:  更新日:

「貧困と同様、汚染に断固として宣戦する」――。中国で開会中の「全人代」(国会)で、李克強首相が対策強化に乗り出す考えを示した「PM2・5」問題。中国74都市では昨年、大気1立方メートルあたりの「PM2・5」の平均濃度が72マイクログラムに達し、中国の環境基準(1立方メートル当たり35マイクログラム)の2倍になったという。

 在中国米大使館のサイトによると、北京市は9日も汚染指数が「非常に不健康」なレベルだったというから深刻だ。中国の大気汚染は恒常的に発生しているといっていい。

 心配なのは、中国で発生した「PM2・5」と一緒にさまざまな有害物質が日本に飛んでくること。最近になって、特に危険視されているのが「水銀」である。

■琵琶湖のナマズから基準の2倍

 滋賀県立大学などの研究チームによると、富士山頂や屋久島など山岳部の大気中で高濃度の水銀が検出された。最大で市街地の平均の10倍以上の濃度で、中国大陸から気団によって運ばれてきたとみられている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  8. 8

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る