• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

日本で高濃度検出続々…PM2.5より怖い中国「猛毒水銀」

「貧困と同様、汚染に断固として宣戦する」――。中国で開会中の「全人代」(国会)で、李克強首相が対策強化に乗り出す考えを示した「PM2・5」問題。中国74都市では昨年、大気1立方メートルあたりの「PM2・5」の平均濃度が72マイクログラムに達し、中国の環境基準(1立方メートル当たり35マイクログラム)の2倍になったという。

 在中国米大使館のサイトによると、北京市は9日も汚染指数が「非常に不健康」なレベルだったというから深刻だ。中国の大気汚染は恒常的に発生しているといっていい。

 心配なのは、中国で発生した「PM2・5」と一緒にさまざまな有害物質が日本に飛んでくること。最近になって、特に危険視されているのが「水銀」である。

■琵琶湖のナマズから基準の2倍

 滋賀県立大学などの研究チームによると、富士山頂や屋久島など山岳部の大気中で高濃度の水銀が検出された。最大で市街地の平均の10倍以上の濃度で、中国大陸から気団によって運ばれてきたとみられている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  2. 2

    森達也氏が危惧 オウム以降の日本社会は「集団化」が加速

  3. 3

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  4. 4

    翁長氏が後継指名 玉城氏出馬でどうなる沖縄知事選の行方

  5. 5

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  6. 6

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  7. 7

    元大リーガー・マック鈴木さん 酒豪ゆえに付いたアダ名は

  8. 8

    黄金世代が上位独占も…評論家が女子ツアーの現状憂うワケ

  9. 9

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  10. 10

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

もっと見る