日本で高濃度検出続々…PM2.5より怖い中国「猛毒水銀」

公開日:  更新日:

「貧困と同様、汚染に断固として宣戦する」――。中国で開会中の「全人代」(国会)で、李克強首相が対策強化に乗り出す考えを示した「PM2・5」問題。中国74都市では昨年、大気1立方メートルあたりの「PM2・5」の平均濃度が72マイクログラムに達し、中国の環境基準(1立方メートル当たり35マイクログラム)の2倍になったという。

 在中国米大使館のサイトによると、北京市は9日も汚染指数が「非常に不健康」なレベルだったというから深刻だ。中国の大気汚染は恒常的に発生しているといっていい。

 心配なのは、中国で発生した「PM2・5」と一緒にさまざまな有害物質が日本に飛んでくること。最近になって、特に危険視されているのが「水銀」である。

■琵琶湖のナマズから基準の2倍

 滋賀県立大学などの研究チームによると、富士山頂や屋久島など山岳部の大気中で高濃度の水銀が検出された。最大で市街地の平均の10倍以上の濃度で、中国大陸から気団によって運ばれてきたとみられている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権に財界ソッポ 目玉の「原発輸出」日立凍結で全滅

  2. 2

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  3. 3

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  4. 4

    嫌われクロちゃんが一転…キャバ嬢に大人気の意外な理由

  5. 5

    動くとビキニが…水原希子“透け映えコーデ”に会場クギづけ

  6. 6

    石崎ひゅーいとは破局か “共演者キラー”蒼井優の次の相手

  7. 7

    NHK紅白なのに“特別枠”ばかり 平成最後はご都合主義の極み

  8. 8

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  9. 9

    「THE W」優勝 阿佐ヶ谷姉妹より受けていたのは滝沢カレン

  10. 10

    辺野古土砂投入…沖縄は人でなし首相と縁を切った方がいい

もっと見る