日本で高濃度検出続々…PM2.5より怖い中国「猛毒水銀」

公開日: 更新日:

「貧困と同様、汚染に断固として宣戦する」――。中国で開会中の「全人代」(国会)で、李克強首相が対策強化に乗り出す考えを示した「PM2・5」問題。中国74都市では昨年、大気1立方メートルあたりの「PM2・5」の平均濃度が72マイクログラムに達し、中国の環境基準(1立方メートル当たり35マイクログラム)の2倍になったという。

 在中国米大使館のサイトによると、北京市は9日も汚染指数が「非常に不健康」なレベルだったというから深刻だ。中国の大気汚染は恒常的に発生しているといっていい。

 心配なのは、中国で発生した「PM2・5」と一緒にさまざまな有害物質が日本に飛んでくること。最近になって、特に危険視されているのが「水銀」である。

■琵琶湖のナマズから基準の2倍

 滋賀県立大学などの研究チームによると、富士山頂や屋久島など山岳部の大気中で高濃度の水銀が検出された。最大で市街地の平均の10倍以上の濃度で、中国大陸から気団によって運ばれてきたとみられている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相「逃げ恥作戦」大誤算…G7サミット延期で計画倒れ

  2. 2

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  3. 3

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  4. 4

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  5. 5

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  6. 6

    遅刻の虎藤浪は無期限二軍も…「メジャー挑戦が最善」の声

  7. 7

    木村花さん死去「テラハ」敏腕プロデューサーM女史の評判

  8. 8

    石田純一は沖縄で女性と会食…東尾理子激怒で三くだり半か

  9. 9

    安藤裕氏 コロナ禍こそ平成の経済対策に終止符を打つべき

  10. 10

    大原則 政治家も宗教家も「政教分離」意味を知らないのか

もっと見る