帰省ラッシュで大混雑 「高速道路」「首都高」危ないポイント

公開日: 更新日:

 13日から始まった帰省ラッシュ。週末はUターンラッシュだ。高速道路は渋滞し、新幹線と飛行機も大混雑する。と思ったら嫌なニュースである。経年劣化やネジの緩みが原因で、鉄道施設のトンネルや橋、駅でコンクリート片や天井板の落下が続出しているという。毎日新聞によると昨年度から32件に上る。彷彿させるのは2年前に発生した笹子トンネルの崩落事故だ。実は、今も危ない高速道路はたくさんある。

 ダントツで危険なのは開通から半世紀が過ぎた「首都高速」だ。経年劣化で補修が必要な損傷箇所は10万件に上るといい、昨年1月、首都高速道路株式会社は1号羽田線、3号渋谷線など「大規模改修」が必要な5路線10区間を選定した提言書をまとめた。その後どうなったのか。

「今年6月に国交省の部会で改修計画が議題に上がりました。64年の東京五輪開催に向けて突貫工事で整備された1号羽田線などは、コンクリートの剥離、鉄筋腐食が顕著です。改修を急ぎたいのですが、事業化が決まるのは早くて今年末。着工できるのはそれからです」(首都高㈱計画・環境部)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野の広島移籍はFA補強の犠牲というよりまさに“栄転”だ

  2. 2

    NHK“ポスト有働”和久田アナ 民放とは一線画す華ある本格派

  3. 3

    高卒で異例の一軍帯同 広島小園をコーチ先輩“絶賛”の理由

  4. 4

    踏んだり蹴ったりZOZO前澤社長 “100億円豪邸”も建設中断か

  5. 5

    安倍首相は「自己愛型」か 9年前の動画“炎上”で識者が分析

  6. 6

    巨人・原監督に聞いた 指導未経験者を登用した真意

  7. 7

    自民に衝撃 参院選1人区「13勝19敗」予想で“W選”案急浮上

  8. 8

    小栗会に合流で…役者仲間が危ぶんだ新井浩文の素行不良

  9. 9

    広島・涼介が明かす “長野効果”と歓迎会での珍エピソード

  10. 10

    「なんかモヤモヤ」投稿で破局が噂される剛力彩芽の今後は

もっと見る