夏休み要注意…機内トラブルの「代償」は予想外に高くつく

公開日: 更新日:

 夏休みに海外旅行を予定しているサラリーマンは要注意だ。先月、新婚旅行でハワイに向かう米デルタ航空の機内で、酒に酔って男性客室乗務員(CA)に殴りかかった京都の建設業の男(30)が米当局に捕まった。AP通信などが報じ、日本でも話題になったが、最悪で懲役20年に処される可能性があるというから、ビビる。旅行ライターの渡辺輝乃氏が言う。

「とりわけ米国は01年の9・11テロ以降、機内でのトラブルに敏感になっています。厳しく対処する傾向にある。一番重いのがCAなど保安要員に対する暴力で、コックピット付近で騒げばハイジャック犯と見なされかねません」

 ファーストクラスに乗っていたという京都の男は、ドンピシャ。

「男は搭乗前からビールやワインを飲んでベロベロ状態で、機内食のトレーを下げなかったCAに激怒。仲裁に入った別の男性CAに対して大振りのフックを食らわせようとしたそうです」(在米ジャーナリスト)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    離婚の噂を直撃のはずが…吉田拓郎の自宅で見た巨人広島戦

  2. 2

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  3. 3

    昭和の俳優はビクともせず…不倫取材の核は「本妻」にあり

  4. 4

    愚策「Go To」に地方戦慄 コロナ病床不足のワースト道府県

  5. 5

    「雪駄の雪」は公明党ではなく自民党の方ではないのか?

  6. 6

    小池知事の肝いり感染防止策は“ザル”…夜の街からは憤りが

  7. 7

    第2、第3どころか…木下優樹菜引退の裏にいる「4人の男」

  8. 8

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  9. 9

    フワちゃんが見せた気遣い「徹子の部屋」の“さん付け”話題

  10. 10

    日本政府が恐怖の見切り発車「GoTo」感染拡大へまっしぐら

もっと見る