• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

夏休み要注意…機内トラブルの「代償」は予想外に高くつく

 夏休みに海外旅行を予定しているサラリーマンは要注意だ。先月、新婚旅行でハワイに向かう米デルタ航空の機内で、酒に酔って男性客室乗務員(CA)に殴りかかった京都の建設業の男(30)が米当局に捕まった。AP通信などが報じ、日本でも話題になったが、最悪で懲役20年に処される可能性があるというから、ビビる。旅行ライターの渡辺輝乃氏が言う。

「とりわけ米国は01年の9・11テロ以降、機内でのトラブルに敏感になっています。厳しく対処する傾向にある。一番重いのがCAなど保安要員に対する暴力で、コックピット付近で騒げばハイジャック犯と見なされかねません」

 ファーストクラスに乗っていたという京都の男は、ドンピシャ。

「男は搭乗前からビールやワインを飲んでベロベロ状態で、機内食のトレーを下げなかったCAに激怒。仲裁に入った別の男性CAに対して大振りのフックを食らわせようとしたそうです」(在米ジャーナリスト)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  3. 3

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    サンドウィッチマン富澤 2007年M-1優勝の瞬間を振り返る

  8. 8

    生田悦子さん 最期の言葉は「サンドイッチ買ってきて」

  9. 9

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  10. 10

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

もっと見る