夏休み要注意…機内トラブルの「代償」は予想外に高くつく

公開日:  更新日:

 夏休みに海外旅行を予定しているサラリーマンは要注意だ。先月、新婚旅行でハワイに向かう米デルタ航空の機内で、酒に酔って男性客室乗務員(CA)に殴りかかった京都の建設業の男(30)が米当局に捕まった。AP通信などが報じ、日本でも話題になったが、最悪で懲役20年に処される可能性があるというから、ビビる。旅行ライターの渡辺輝乃氏が言う。

「とりわけ米国は01年の9・11テロ以降、機内でのトラブルに敏感になっています。厳しく対処する傾向にある。一番重いのがCAなど保安要員に対する暴力で、コックピット付近で騒げばハイジャック犯と見なされかねません」

 ファーストクラスに乗っていたという京都の男は、ドンピシャ。

「男は搭乗前からビールやワインを飲んでベロベロ状態で、機内食のトレーを下げなかったCAに激怒。仲裁に入った別の男性CAに対して大振りのフックを食らわせようとしたそうです」(在米ジャーナリスト)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「給料は我慢したのに」と戦力外通告の選手に言われて…

  2. 2

    偽装離婚で資産隠し 羽賀研二を“金の亡者”に変えた原点

  3. 3

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    日テレ料理番組終了で…速水もこみち“レギュラーゼロ”危機

  6. 6

    「笑点」歴代司会者で一番やりづらかったのは前田武彦さん

  7. 7

    愛娘の元彼・羽賀を“希代のワル”と見抜いた梅宮辰夫の慧眼

  8. 8

    厚労省にポストと金を握られ…監察委“お手盛り報告”の必然

  9. 9

    毎勤不正「組織的関与なし」幕引き図る監察委のデタラメ

  10. 10

    冷静と興奮…狂気さえ感じさせる菅田将暉の名演技に脱帽

もっと見る