• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

苦情4割が「求人票と違う」 就活で直面ハローワークの“嘘”

「約束が違う」――。全国のハローワーク(職業安定所)にこんな苦情が寄せられたため、厚労省が実態を調査した。9380件の苦情のうち約4割が求人票に書かれた内容と違っていたという。

「土日は休みと書かれていたが、土日も出勤させられた」「賃金が20万円のはずなのに2万円低かった」など、内容は切実だ。
 ハローワークは国が運営する機関だけに、誰もが求人票の内容を信じてしまうが、そこには落とし穴が待ち受けている。

 人事コンサルタントの菅野宏三氏が言う。
「企業は少しでも優秀な人を集めるために条件を誇張するのです。『給与30万円』とうたいながら、実際は基本給が20万円で、10万円は歩合給という具合です。『採用試験は面接だけ』と記しているのに、実は一般教養の筆記試験をやり、さらに性格テストまで実施するところもある。営業職しか採用しないのに、『経理マン募集』で人を集め、面接で“経理はもう空きがありません。営業をやりませんか?”と持ちかける会社もあります」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    朝鮮半島のパワーゲームで日本は…共同通信・磐村氏に聞く

  2. 2

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  3. 3

    映像は地味だが…「ポツンと一軒家」好視聴率で健闘のワケ

  4. 4

    米が次期戦闘機ゴリ押し 安倍政権は血税1400億円をドブに

  5. 5

    可愛い“宝物”は24歳に…「孫」がヒットの大泉逸郎さんは今

  6. 6

    “玉木宏ロス”の癒やしに 坂口健太郎だけが持つ3つの魅力

  7. 7

    官邸が“裏口入学リスト”回収…不正合格事件が政界に波及か

  8. 8

    広島・菊池、ソフトバンク柳田も…地方の大学生を見逃すな

  9. 9

    歌手・女優の坂本スミ子さん パルムドール表彰式の思い出

  10. 10

    テレ東「ラストチャンス」原作者 江上剛氏が見どころ語る

もっと見る