大手企業に乗り換えチャンス 転職有利な「管理業務主任者」

公開日: 更新日:

 今、転職に有利な資格が「管理業務主任者」だ。

 案の定、アベノミクスでは雇用も上向いていない。7月の完全失業率は3.8%(総務省労働力調査)と2カ月連続で悪化している。これじゃ華麗な転職は見込めない。不況でも揺るがない「資格」を身につけて、手堅い転職はできないか…そう考える人におすすめなのだ。

 一体どんな資格かというと、マンション管理のマネジメント業務に必要な免許で、マンション管理会社において、国交省の省令で定める人数の設置が義務付けられている。00年に制定された比較的新しい資格でもある。

 マンションの着工数は駆け込み需要の反動が起きているが、それでも09年から比べると166%と高い伸びを示し、首都圏はそれ以上。さらに20年の東京オリンピック開催へ向けて不動産業界自体が好調だが、中でも熱いのが「マンション業界」といえる。そこに関わる手堅い資格は? と考えると、この資格にたどり着くのだ。ではどこがオススメなのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    酒井法子“5億円豪邸”略奪愛疑惑 新恋人には内縁の妻がいた

  2. 2

    不倫疑惑も神田沙也加は無傷 相手側のJr.秋山大河は茨の道

  3. 3

    「山健組」の弱体化を招いた元ナンバー3への“絶縁処分”

  4. 4

    TV局が3カ月でしゃぶりつくした“ラグビーバブル”終焉の先

  5. 5

    「桜を見る会」悪徳マルチ跋扈を許した経産OBと官邸の黒幕

  6. 6

    「70万円の婚約指輪が小さく感じる」女性の相談が大炎上!

  7. 7

    ゴルフ石川遼が28歳で10億円も…野球とは稼ぎで“雲泥の差”

  8. 8

    離婚の神田沙也加に不倫疑惑…逃れられない「聖子の呪縛」

  9. 9

    大谷、菅野…更改で気になる高給取り5選手のカネの使い道

  10. 10

    「馬毛島」を防衛省に売却 86歳老経営者の14年の“粘り腰”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る