大手企業に乗り換えチャンス 転職有利な「管理業務主任者」

公開日:  更新日:

 今、転職に有利な資格が「管理業務主任者」だ。

 案の定、アベノミクスでは雇用も上向いていない。7月の完全失業率は3.8%(総務省労働力調査)と2カ月連続で悪化している。これじゃ華麗な転職は見込めない。不況でも揺るがない「資格」を身につけて、手堅い転職はできないか…そう考える人におすすめなのだ。

 一体どんな資格かというと、マンション管理のマネジメント業務に必要な免許で、マンション管理会社において、国交省の省令で定める人数の設置が義務付けられている。00年に制定された比較的新しい資格でもある。

 マンションの着工数は駆け込み需要の反動が起きているが、それでも09年から比べると166%と高い伸びを示し、首都圏はそれ以上。さらに20年の東京オリンピック開催へ向けて不動産業界自体が好調だが、中でも熱いのが「マンション業界」といえる。そこに関わる手堅い資格は? と考えると、この資格にたどり着くのだ。ではどこがオススメなのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毎勤不正「組織的関与なし」幕引き図る監察委のデタラメ

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    憲法改正国民投票CMに待った「通販生活」意見広告の趣旨は

  4. 4

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  5. 5

    ハゲタカ勢も虎視眈々 日産vsルノーついに始まる株争奪戦

  6. 6

    雄星「4年60億円」の反動懸念 “温厚”シアトルでも痛い目に

  7. 7

    北方領土問題には触れず 日ロ首脳会談はやはり“中身ゼロ”

  8. 8

    問題山積でも突き進む…外国人労働者受け入れに専門家警鐘

  9. 9

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  10. 10

    「給料は我慢したのに」と戦力外通告の選手に言われて…

もっと見る