求人増で離職増加?アベノミクス“転職バブル”はあと2カ月

公開日: 更新日:

 今月、厚労省が2011年3月に卒業した大卒者のうち、入社3年以内に離職したのは32.4%に上ると発表した。前年比1.4ポイント増で、2年連続の上昇となる。厚労省によると、離職率が高くなっているのは求人が増えているからだそうだ。いま、転職バブルが起きつつあるという。

「2014年は業界で転職の“当たり年”と呼ばれています。アベノミクスの景気回復に加え、2020年の東京五輪に向け、不動産やゼネコンを中心に即戦力を求めています」(転職サイト業界関係者)

■ブラック企業ほど人手不足

 しかし、「転職しやすい」は本当なのか。

 人事ジャーナリストの溝上憲文氏がこう言う。
「正社員として採用する場合、1~2年で退職した若手を企業は取りたがらない。一定のスキルを得るには最低3年が必要とみるからです。結局、いま人手不足なのは“離職率の高い業界”。3年以内の離職者の転職先は小売り、流通などの労働集約型、いわゆるブラック企業が多い。そもそも、アベノミクスで業績を上げたのは円安の恩恵を受けた製造輸出企業。この業界はグローバル企業が多く、採用も外国人に向きがち。国内ビジネスは建設や住宅など一部を除き、転職しやすい環境とは言いにくい」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    事故現場の路上で開胸手術!心停止を救った医師に称賛の声

  2. 2

    安倍首相は真っ青「年金返せデモ」でよぎる“12年前の大敗”

  3. 3

    自民が陥った参院選目前の“三重苦” 1人区に逆風で状況一変

  4. 4

    全米爆笑!バスに乗り遅れ学校サボった男の子の“弁明書”

  5. 5

    安倍政権が露骨スリ寄り 吉本興業と“ズブズブ”三文芝居

  6. 6

    「ドトールのコーヒーはスタバよりも安い」は本当か?

  7. 7

    巨人・小林「銀さんに全部負け」直撃取材に“弱気発言”連発

  8. 8

    「集団左遷!!」福山雅治さんに心配してもらった大人の部活

  9. 9

    日本人も加担 瀬取りの元祖は日朝諜報機関の“接触”だった

  10. 10

    低迷する「いきなり!ステーキ」 V字回復への起死回生策は

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る