転職活動に新形態 「動画アップ」で面接できる企業が急増中

公開日: 更新日:

 ITベンチャーの「Japan ITソリュ―ションズ」が11月末に新設した転職サイト「リクビュー転職」が注目を集めている。転職を希望する応募者がスマホやパソコンに動画をアップロードし、採用側が簡単に選考できるのが特徴だ。

 働きながら転職活動しているサラリーマンは年間約590万人(2012年)いる。そんな転活中のサラリーマンの悩みは、金銭的、時間的な負担。それを軽減、解消する手段として生まれたサイトだ。

 方法は至って簡単。転活者はまず、15秒から1分程度の自己PRを撮影して会員登録する。その後、転職を希望する企業側に再び志望動機などの動画を送り、やりとりする流れだ。

「動画なら人事担当者も昼休みなどの空き時間を活用できるし、地方の有望な人材と接触することもできる。一方、転職を希望する側にとっても、交通費負担や時間のスケジュール調整などを気にせず気軽に応募できます」(「Japan ITソリューションズ」広報担当の吉田陽香さん)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    GACKT告白 浜田だけじゃない芸能界パワハラ&セクハラの闇

  2. 2

    2018年はTV出演たった4本…ゆるキャラ「ふなっしー」は今

  3. 3

    18年入社組でピカイチ TBS宇賀神メグアナの意外な特技

  4. 4

    フジ「QUEEN」は苦戦中 竹内結子に課せられた“ウラの使命”

  5. 5

    官邸の暗躍と官僚の忖度…諸悪の起点は2015年になぜ集中

  6. 6

    フジ反町理アナは“質問係のおじさん” MCよりご意見番向き

  7. 7

    生存者を無視 拉致被害者家族も見限る安倍首相の“二枚舌”

  8. 8

    米倉涼子「シカゴ」で夏不在でも "視聴率女王"安泰のワケ

  9. 9

    上沼恵美子が試される…フジテレビの“実験”は吉と出るか

  10. 10

    最高月収1200万円…オネエタレントの山咲トオルさんは今

もっと見る