50代から準備、ダブルワークも 「超熟年バイト」はこう探す

公開日:  更新日:

「『おっちゃん、僕な』って、何人もの子供が毎日のように話しかけてきます。低学年の子ほど発想が豊かで意外性に富んでいる。この仕事に就いて、若返った気分ですよ」

 こう話すのは、農機具メーカーを60歳で定年退職した大阪府在住の高田良雄さん(仮名・69歳)。4年前から小学校の警備員をしている。

 高田さんは定年後、シルバー人材センターに登録。農機具の説明書を作る仕事を3年続けた。65歳の時、シルバー人材センターから今の仕事を紹介され、「楽そう」と引き受けた。特に子供好きではなかったが、想像以上に面白く、刺激的な毎日だという。

 定年後も働き続けるシニアが増えている。厚労省の「60歳以上の常用雇用者」によると、2005年は約100万人だったが、13年には250万人。定年後も働ければ、生活も楽になるし、生きがいも生まれる。自分を劇的に変えられるような仕事であればなおいい。問題はそれを見つける方法なのだが、昨今の「キーワード」は「50代からの準備」である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  5. 5

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  6. 6

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  7. 7

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  8. 8

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  9. 9

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  10. 10

    日ハム吉田輝星が明かす 根尾からの刺激と痛感した実力差

もっと見る