50代から準備、ダブルワークも 「超熟年バイト」はこう探す

公開日:  更新日:

「『おっちゃん、僕な』って、何人もの子供が毎日のように話しかけてきます。低学年の子ほど発想が豊かで意外性に富んでいる。この仕事に就いて、若返った気分ですよ」

 こう話すのは、農機具メーカーを60歳で定年退職した大阪府在住の高田良雄さん(仮名・69歳)。4年前から小学校の警備員をしている。

 高田さんは定年後、シルバー人材センターに登録。農機具の説明書を作る仕事を3年続けた。65歳の時、シルバー人材センターから今の仕事を紹介され、「楽そう」と引き受けた。特に子供好きではなかったが、想像以上に面白く、刺激的な毎日だという。

 定年後も働き続けるシニアが増えている。厚労省の「60歳以上の常用雇用者」によると、2005年は約100万人だったが、13年には250万人。定年後も働ければ、生活も楽になるし、生きがいも生まれる。自分を劇的に変えられるような仕事であればなおいい。問題はそれを見つける方法なのだが、昨今の「キーワード」は「50代からの準備」である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    平成最後の紅白は迷走…“目玉なし”で視聴率最低の大ピンチ

  10. 10

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

もっと見る