• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

50代から準備、ダブルワークも 「超熟年バイト」はこう探す

「『おっちゃん、僕な』って、何人もの子供が毎日のように話しかけてきます。低学年の子ほど発想が豊かで意外性に富んでいる。この仕事に就いて、若返った気分ですよ」

 こう話すのは、農機具メーカーを60歳で定年退職した大阪府在住の高田良雄さん(仮名・69歳)。4年前から小学校の警備員をしている。

 高田さんは定年後、シルバー人材センターに登録。農機具の説明書を作る仕事を3年続けた。65歳の時、シルバー人材センターから今の仕事を紹介され、「楽そう」と引き受けた。特に子供好きではなかったが、想像以上に面白く、刺激的な毎日だという。

 定年後も働き続けるシニアが増えている。厚労省の「60歳以上の常用雇用者」によると、2005年は約100万人だったが、13年には250万人。定年後も働ければ、生活も楽になるし、生きがいも生まれる。自分を劇的に変えられるような仕事であればなおいい。問題はそれを見つける方法なのだが、昨今の「キーワード」は「50代からの準備」である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  3. 3

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    サンドウィッチマン富澤 2007年M-1優勝の瞬間を振り返る

  8. 8

    生田悦子さん 最期の言葉は「サンドイッチ買ってきて」

  9. 9

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  10. 10

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

もっと見る