日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「高齢者には未体験ゾーンの始まり」 五木寛之氏年頭特別寄稿

 新しい時代がはじまろうとしている。

「少子・高齢化社会」の声が高まる一方で、最近、正反対の意見もでてきた。

 六十代を高齢者とみなすのは時代おくれである、という説である。今後、六十五から七十代半ばまでは、高齢者、老人あつかいすべきではない、というのだ。

 たしかに周囲を見まわしても、元気な六十代、七十代は増えている。このグループに年金をあたえて、優雅な停年後の生活を保障する余裕は、もうないというわけだ。労働人口の枠をうんとあげて、七十代まで現役で働かせようという声が高まってきている。

 七十歳までを「中年」として、高齢者あつかいしない、といわれて、さて、喜ぶべきか、それとも腹を立てるべきか。

「いつまでもお元気ですね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事