• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

50歳で早期退職 手を挙げる分岐点は「割増退職金1500万円」

 年明け早々、電通が300人の早期希望退職の募集を発表した。経営不振ではなく、余力のあるうちに行うリストラの一種で、今年は大企業でこの手の動きが増える可能性がある。円安で四苦八苦の企業はもちろん、自分の会社が早期退職を募集してきたら、どうすべきか?

 出版社勤務だったTさん(61)は、50代半ばで会社の早期希望退職募集に手を挙げた。
「辞めるにあたって、最初に考えたことはやはり家族のことでした。出版不況の折だし、会社の将来に見切りはつけていたのですが、割増退職金はわずか25%。息子はまだ学生で、自宅のローンも残っていました。生活を切り詰められるだけ切り詰めようと、生命保険はすべて解約しました」

 会社に残れても、待遇はさらに悪くなるばかり。ギスギスした社内の空気も嫌だった。折あしく、認知症を患う実母の問題も抱えていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  3. 3

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  4. 4

    豊漁が一転、不漁に…サンマは北海道地震を知っていたのか

  5. 5

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  6. 6

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

  7. 7

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  8. 8

    「江戸むらさき」磯山良司さんが実家ラーメン店で働くワケ

  9. 9

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  10. 10

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

もっと見る