元ホワイトカラー退職シニア 意外にもベンチャーで需要増

公開日:  更新日:

 元ホワイトカラーの退職シニアの中には、働く意欲はあるが、職種のミスマッチで二の足を踏んでいる人もいる。昔取った杵柄(きねづか)ではないが、かつての経験や人脈を生かせる仕事ならしたい。そんな元ホワイトカラーの再就職を支援する企業が登場している。

 若手の人材難でコンビニなど小売り業界は慢性的な人手不足が続いている。活況の建設、土木、不動産業界は、新卒採用では増える仕事に追いつかず、退職シニアに目を向け始めた企業もある。元ホワイトカラーの退職シニアには豊富な経験があり、しかも貴重な人脈をいまだに持っている人が多いからだ。

 ところが、ハローワークに登録されているシニア求人は、配送や荷受け補助などの肉体労働がほとんど(表参照)。また、シルバー人材センターの仕事も、ビル・マンション清掃、除草作業、駐車場管理といった単純労働が多い。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  2. 2

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  3. 3

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  4. 4

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  5. 5

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  6. 6

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    倉科カナが三くだり半…竹野内豊“結婚しない男”の罪深さ

  10. 10

    “PC打てない”桜田大臣 ツイッターで大島優子フォローの謎

もっと見る