取り返そうとしてさらなる悲劇…シニアはこうしてカネを騙し取られる

公開日: 更新日:

 警察庁のまとめによると、昨年(11月末現在)1年間だけで、「オレオレ詐欺」やウソ話で金を騙(だま)し取られる「金融商品取引」名目の被害総額が425億円! その大半の被害者はシニアたちである。

「特殊詐欺」に分類されるこうした詐欺の被害者は、現金を少しでも取り戻したい一心から、さらに二重、三重の新たな被害を受けてしまうケースがある。負の連鎖だ。一例を紹介してみよう。

 さいたま市に住むAさん(無職=67)は一日中、好きな歴史小説を読みふけるなど気ままな余生を送っていた。月々20万円に近い年金収入。生活に不安はない。預金も700万円ほどあった。昨年春のこと、Aさんに知人が訪ねてきた。

「絶対に儲かる話がある。ファンドだが、この会社に投資すると、毎月の配当は3割。実際、俺も3割の配当をもらった」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    給付金に文句の麻生氏“10万円超”飲食73回の異常な金銭感覚

  2. 2

    土屋太鳳がまた…桜田通との抱擁撮でさらに女性を敵に回す

  3. 3

    近大・佐藤1位指名も阪神育成ベタ…よぎる“藤浪の二の舞”

  4. 4

    日本列島を襲うコロナ秋の第3波 感染拡大の危険な22道府県

  5. 5

    安倍前首相ファクト発言にツッコミ殺到「おまえが言うか」

  6. 6

    GoToトラベル「制度改悪」笑い止まらないのは旅行大手だけ

  7. 7

    今年のドラフトは“戦略ダダ漏れ”「個室指名」の意外な盲点

  8. 8

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  9. 9

    9カ月遅延が横浜市長選に影響 菅政権の苦しいカジノ推進

  10. 10

    田澤指名漏れの衝撃…背景に米国も呆れたNPBの“島国根性”

もっと見る