取り返そうとしてさらなる悲劇…シニアはこうしてカネを騙し取られる

公開日: 更新日:

 警察庁のまとめによると、昨年(11月末現在)1年間だけで、「オレオレ詐欺」やウソ話で金を騙(だま)し取られる「金融商品取引」名目の被害総額が425億円! その大半の被害者はシニアたちである。

「特殊詐欺」に分類されるこうした詐欺の被害者は、現金を少しでも取り戻したい一心から、さらに二重、三重の新たな被害を受けてしまうケースがある。負の連鎖だ。一例を紹介してみよう。

 さいたま市に住むAさん(無職=67)は一日中、好きな歴史小説を読みふけるなど気ままな余生を送っていた。月々20万円に近い年金収入。生活に不安はない。預金も700万円ほどあった。昨年春のこと、Aさんに知人が訪ねてきた。

「絶対に儲かる話がある。ファンドだが、この会社に投資すると、毎月の配当は3割。実際、俺も3割の配当をもらった」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    古谷経衡さんが憂う有権者の劣化 日本の知性の底が抜けた

  2. 2

    故・田宮二郎氏長男 柴田光太郎さん「心臓手術で命を…」

  3. 3

    横浜の誘致表明で…米カジノ最大手が大阪から撤退の衝撃

  4. 4

    視聴率低迷のNHK大河「いだてん」には致命的な見落としが

  5. 5

    横浜市IR誘致表明で始まる“菅長官vsヤクザ”の仁義なき戦い

  6. 6

    史上最低大河「いだてん」に狙いを定めるN国にNHKは真っ青

  7. 7

    「カジノではなくF1とディズニーを」“ハマのドン”が激怒

  8. 8

    「特撰すきやき重」完売 吉野家の株主還元は年8000円相当

  9. 9

    水野美紀は新悪女王「奪い愛、夏」で見せる菜々緒との違い

  10. 10

    有権者が賢くないと政治が乱れる見本

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る