日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

引きこもりや頑固者は危ない 「認知症」なる人、ならない人

 安倍首相が認知症の対策を推進すると公表して話題になっている。厚労省によると、国内の認知症患者の推計は2012年が462万人、65歳以上の高齢者の7人に1人が患者だった。これが25年には700万人、実に5人に1人が認知症になると予想されている。厚労省は認知症への理解を深めるための取り組みや、医療・介護の提供など「七つの柱」を打ち出した。

 5人に1人が発症するとは他人事と思えない。どんな人が認知症になるのか。「医療法人社団すずき病院」理事長で精神科医の坂本博子氏に聞いた。

「一番危険なのは定年退職したりして、周囲のことに興味を示さず、一種の引きこもり状態に陥っている人です。頑固な性格で他人と柔軟な関係を築けない人も黄信号。肥満気味の人はコレステロール値が高まって動脈硬化になり、血管が詰まって脳血管性の認知症になることがあります。栄養失調も要注意。脳に栄養がいかなくなり、認知症を誘発しかねません」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事