• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

引きこもりや頑固者は危ない 「認知症」なる人、ならない人

 安倍首相が認知症の対策を推進すると公表して話題になっている。厚労省によると、国内の認知症患者の推計は2012年が462万人、65歳以上の高齢者の7人に1人が患者だった。これが25年には700万人、実に5人に1人が認知症になると予想されている。厚労省は認知症への理解を深めるための取り組みや、医療・介護の提供など「七つの柱」を打ち出した。

 5人に1人が発症するとは他人事と思えない。どんな人が認知症になるのか。「医療法人社団すずき病院」理事長で精神科医の坂本博子氏に聞いた。

「一番危険なのは定年退職したりして、周囲のことに興味を示さず、一種の引きこもり状態に陥っている人です。頑固な性格で他人と柔軟な関係を築けない人も黄信号。肥満気味の人はコレステロール値が高まって動脈硬化になり、血管が詰まって脳血管性の認知症になることがあります。栄養失調も要注意。脳に栄養がいかなくなり、認知症を誘発しかねません」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  3. 3

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  4. 4

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  5. 5

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  6. 6

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  7. 7

    シールで聴衆選別…「ヤメロ」コール徹底排除した安倍陣営

  8. 8

    美女とデート報道 田原俊彦は干されても腐らず再ブレーク

  9. 9

    恫喝して票集めるよりも 討論会用の替え玉を用意したら?

  10. 10

    ロング丈ワンピ姿に注目 前田敦子はやっぱり“おめでた”か

もっと見る